自己紹介

はじめまして、遊民と申します。この記事では当ブログの目的とカテゴリーの紹介を行います。その過程で私自身の考え方に触れることになるので、結果的にこれが(当ブログを読んでいただくうえで必要になる程度の)自己紹介になると思います。

目的

 

賃金奴隷社会に対するモヤモヤの言語化


現代社会という地獄


現代社会は豊かで進歩的で自分の人生を自由に選択できると謳われていますが、みなさんも気づいているように実際はまるで違いますね。働いて稼がないと生きていけないからです。私たちは生存を人質に労働を強いられるカネの奴隷、賃金奴隷であります。もし仮に、労働が「必要」だがみんな他人のためには何もしたくないと言ってるような状態ならこの仕組みも仕方ないかもしれません。モノ・サービスが不足しているなら、みんなで働いて生産しないと困ることになるからです。

しかし、現実はというと、モノが売れずに余っている。これには大きく分けて二つの面があります。一つは喜ばしいことで、モノを余らせることができるほど生産力が上がった、ということです。先人の頑張りのおかげで知識や生産技術が積み重ねられ、私たちはごく少数の人間で一国の人間の必要物を供給できるほどの巨大な生産力を手にしている。機械が私たちの代わりに働いてくれているわけです。

機械が働いてくれる、これは「機械に仕事を奪われる」とネガティブに表現されています。しかし、なぜ「機械に仕事を奪われる」と困るのでしょうか?大変な仕事を代わりにやってくれるなら、これほど有り難い話はないはずでは?これがもう一つの面。生産されるモノ・サービスの分配を「賃金」に限定している、ということです。過去の積み重ねや自然資源の産物であるモノ・サービスを手に入れるために、社会的に必要かどうかに関わらずとにかく「働かせていただかなければならない」。こうした狂った仕組みは、私たちに「働かない」という選択を許さない。けど生産力はどんどん向上する。雇用のイスが減る。イスにしがみつこうと低待遇を受け入れる。社会にカネが回らなくなる。賃金分配への執着が、過酷な労働とモノ余りを発生させているのです。

このバカバカしい仕組みを「現実」として受け入れてしまうせいで、「機械に仕事を奪われる」ことが「危機」になってしまい、人間にしかできないシゴトとか言って次から次へと有害無益なだけのシゴトが創出される。その結果、他人の上前をはねそれを巧みなレトリックで正当化し合う「上級奴隷」が恵まれた・守られた雇用のイスを占め、そこから弾かれた人たちは「社会的には必要だが退屈な/きつい仕事」にどんどん押しやられ、賃金が下落し、割に合わないと不満を持ちつつも、上級奴隷たちが弄する「その程度のことしかできない無能なのだから自己責任」といった「正論」で我慢させられてしまう。カネがなくてモノを買えない、精神的に余裕を持てない、将来に希望がない、こうした閉塞状態を我慢させられているのに、メディア・SNSを介して上級奴隷の優雅な生活を羨ましがる、ビジネスの心構えを拝聴する、そんなふざけ切った構図が現出しています。

私たちは誰のために、何のために働かされるのか


賃金分配(賃金奴隷制)に執着する弊害はこれだけではありません。カネとは、投票権だからです。私たちはカネを払ってモノ・サービスを購入することで、そのモノ・サービスに対する支持を表明している。いくら口では「カール大好きだったのに!(泣)」と言っても、実際に購入=投票しなければ市場から消えてしまう。逆に大多数の人間が「こんなもんいるか!」と言っても、大量に購入=投票する人がいれば繁栄する。芸術なんかはこれでいいかもしれませんが、その他のモノ・サービスでも「一握りの富裕層のため」をやられたら困りますね。つまり、それなりのカネ=投票権が平等に分配されてないと、「大衆(私たち)のための」モノ・サービスが充実していかないのですね。

さらに、労働とは「人間社会や他人の必要を満たす」ために行うものでありますが、賃金奴隷社会ではそもそもこれが許されない。なぜか?「人間」がいないからです。強制労働が支配する世界には「賃金奴隷」しかいない。会社に雇われている/いないに関係なく、みな等しく賃金奴隷。最近(2017年9月中旬)環境省が動物の「5つの自由」というパンフレットを発行しました。飢え・渇きからの自由、不快からの自由、恐怖・抑圧からの自由、本来の行動がとれる自由、痛み・負傷・病気からの自由。これは「就職したら失うものリスト」と揶揄されていましたが、しかし「就職」のための競争・準備はいつから始まるでしょうか?生活リズムの矯正、服従・協調の訓練、やりたくもない勉強の強制、授業という名の長時間拘束、嫌いな人間との共同生活・・・・・・賃金奴隷社会では「人間として生まれた瞬間に失うものリスト」なのです。

要するに、賃金奴隷社会で提供されるモノ・サービスは「人間のため」のものではなく「賃金奴隷のため」のものにならざるを得ない。提供する側がどんな素晴らしい志を持とうが、狂った仕組みがそれを許さない。これは悲劇です。ボロボロになってカネを稼ぎ、それを明日の労働に備えるために、労働のストレスを解消するために、疲労回復・癒し・健康・娯楽・薬・栄養ドリンク・酒などなどに「投票」してしまえば・・・・・・。しかもボロボロになる人たちの賃金が低く抑えられてしまったままでは・・・・・・。私たちは「人間社会や他人のため」ではなく上級奴隷のために、生存費を稼ぐために、賃金奴隷社会の維持に貢献するために、身を削り続けねばならないのです。

人間=労働者であれば、何の問題も無いかもしれませんが、みなさんはどう思いますか?結果的に「人間のため」になるモノ・サービスもたくさんあるかもしれませんが、しかし、それはあくまで結果論。はじめから「人間のため」を目指す方がいいとは思いませんか?

不条理の言語化


現代の「厳しい社会」は賃金奴隷制という狂った仕組みの成れの果てでしかないにも関わらず、「人生について真剣に考えろ!」「自分の人生に責任を持て!」などと言ってくる人たちがいます。自らの言動を省みることなく「常識」に逃げ込んでいる人たち。今の仕組みが崩壊したら、自分がやってきたことの責任など取るはずもなく、「みんなやっていた」「おかしいと思っていたが仕方なかった」と逃げるであろう人たち。そんな獄卒で溢れる社会に頼んでもないのに誕生させられた私たち。人間を辞めることを強いられる毎日。奴隷以外の人生を許さない仕組み。いつの間にか「適応」し染まっていく私たち。

他人よりうまく生きようと損得計算に明け暮れるようになり、「みんな他人のためには何もしたくない」「カネを与えないと必要な仕事さえ誰もしない」「みんなを強制的にでも労働させるから豊かになる」といった人間観や世界観を内面化している。人間不信、人心の荒廃。それでも生きようと、意味や愛に救いを求め、日々を凌ぐ。そんな不条理感や虚無感を抱えてはいませんか?

カテゴリー


考察


言葉より思考を重視して書きます。

おはなし


思考より言葉を重視して書きます。

自分のためにモヤモヤを言語化していくことで、それが結果的に同じようなモヤモヤを抱えている人の役に立てばと思います。

ベーシックインカム


あと、たまに文章の中にベーシックインカムの話が出てきます。私は、大きな生産力があって、しかもそれは過去の積み重ねや自然資源のおかげなんだから、その恩恵に与るためのカネは刷ってみんなに配れよという考えです。恵まれた・守られた雇用のイスを確保して、過去の成果や低賃金労働者に寄生し、税金補助金にたかってる奴らだけで独り占めすんなと。遺伝や環境や運や景気循環なんてものに(無駄に)生存を左右されるなんておかしいと。最近はベーシックインカムが必要かどうか議論されるようになりましたが、実はこの時点で終わってます。ベーシックインカムは「人間社会」を構築するうえで前提となる仕組みであり、これがないと「賃金奴隷の集合体」にしかならないからです。「人間」を辞めさせられたことに気づいてないから「必要かどうか?」なんて話になるのです。みんなで「人間」を辞めさせられたことに気づき、「人間」に戻りませんか?
スポンサーサイト

望んでもいない羽が生えてしまった結果

「スクールカースト?」

「うん、Aはスクールカースト、どう思う?」

「どうって、「スクールカースト」という概念について?それともボクらのスクールカーストについて?」

「そりゃあ、もちろん・・・・・・」

確かにボクはスクールカーストの最底辺だ。見た目はイマイチ、喋りもうまくない、流行にもついていけないし、趣味を言えばきっと即座に「オタク」に分類される。けど、それが何だというのだろう。底辺はこうして底辺同士這って固まっていればいい、へたなことさえしなければ日々の安全が保証されるのだから、最底辺の学校生活で何の問題も無いのである。少なくともボクは現状に不満を抱いていないし、それどころか満足してさえいるのである。

・・・・・・

「ねえねえ、A君」

「ん、えっと、な、に?」

「A君のお父さんって、まさかあのA?」

「へ?」

(クスクス)

「昨日逮捕されたじゃん、○×組の幹部の、A」

「い、いや、違うんだけど」

「怪しいなぁ。そういう系の人、家族にいるんじゃないの?」

(クスクス)

「そういう系?(そういえば親戚のおじさんにブラブラして何やってんのかわからない人がいるけど、あの人のこと?しかしなぜこの人はボクのおじさんを知っているの?)」

「A君のお父さん、やくざなんでしょ?」

(クスクス)

「お父さんじゃなくておじさんだよ。けど、おじさんは幹部って感じじゃないよ、大して強くもなさそうだし」

「・・・・・・」

「(え、なに?何かマズいこと言ったの?何か間違ったの?)」

「やべー、マジ大物だわ」

「Aサンだよ、これもうサン付けするしかねーよ」

「へ?」

「Aサン面白いね、今度みんなでどっか行こうよ」

・・・・・・

「あ~、国語のB先生、ちょっとエロすぎでしょ~」

「Dカップだよ、Dカップ」

「揉みてぇ~、舐め回してぇ~」

「ヤリてぇなぁ~。ねぇ、Aサンはどこでシテほしい?」

「どこ?」

「オレは口がいいなぁ、絶対テクやべーよ」

「口?(「どこ」って人間の身体の部位のどこかってこと?どこ?え、大丈夫?部位であってるの?どこ?)」

「Aサンは?」

「ワキ、とか?」

「・・・・・・」

「(え、あれ、間違えた?部位じゃなかった?いや、でも、あってるよね?部位であってるよね?あれ?)」

「やべー、さすがAサン、上級者だよ」

「やっぱAサン、おもしれーわ」

「ね。あんなオタッキー連中といて、ぶっちゃけAサンつまんなかったでしょ?」

「いや、そんなこと・・・」

「ずっと思ってたんだよね、Aサンだけ空気違うって。見ててかわいそうだったもん、なぁ?」

「ほんとほんと、Aサンきつかったっしょ?おつかれ」

「えっと、まぁ・・・・・・」

・・・・・・

「ね、ねえ、今日もカラオケ行く?」

「・・・・・・え?」

「お、おカネはボクが出すからさ」

「・・・・・・」

「(ヤバイ、間違えた?おカネ出すとか、やっぱり変だよね?さすがに引くよね?)」

「さすがAサン、マジ器大きいわ」

「やっぱやることが違うね」

・・・・・・

「ささ、Aサン歌っちゃってくださいよ~」

「あ、オレトイレ」

「オレも~」

「お~い~お前らズルいぞ~」

「(今「ズルい」って言ったよね?「ズルい」って、どういうこと?)」

・・・・・・

「おはよう」

「・・・・・・」

「えっと、みんなどうしたの・・・」

「Aサンさぁ、もうちょっと空気読もうよ、ねえ?」

「えっ・・・・・・どういうこと?」

「はぁ~、なんつーかさー、Aサン、オレらと全然空気違うじゃん?」

「え?わからないって、逆にすごくね?カラオケで歌う歌とかもさぁ~」

「で、でも好きな歌を歌っていいって・・・」

「いやいやいや、そのぐらいわかろうよ、ね?」

「えっと、じゃあ・・・」

「どうすればいいか、さすがにわかるっしょ?おつかれ」

「・・・・・・」

「つーか言われなくてもわかれって話だよなぁ?」

「ワハハハハ」

・・・・・・

朝、学校に行く途中、小さな子供たちが集まっているのをみかけた。輪の中には一匹の蝶がいた。一人がさっと手を伸ばして蝶を捕まえると、「とんでみろー!」と言って放り投げた。蝶は慌てたように羽をバタつかせてフラフラ漂ったが、すぐにクモの巣に引っかかって動けなくなった。子供たちは「あ~あ」と残念がると、さっさと駆けていってしまった。パンパンと鱗粉をはらう音が聞こえた。他愛もない気まぐれ、しかし一匹の虫けらにとって、これは一体何だったのだろうか。

「お、おはよう」

賑やかな教室、A君の周りだけが静かだった。


ある通勤者の想念

もう少し寝ていたいなんて、毎朝考えるのはやめたのさ
ただでさえつらいのに、永遠に訪れない未来を思ってしまったら
二度と起き上がれない、そう悟ったのはシャカイ人一年目の秋だった
一歩一歩の足取りが、たとえどんなに重くなったとしても
習慣と世間体の圧力で、本能を鍛え続ければ、足は無意識にでも駅へと向かう
気付いたときにはもう遅く、死んだ心は戻ってこないけど

みんな生まれたときから既に知っている
この世には、恵まれた金ピカイスと、野曝しのボロイスとがあって
座り心地のいい金ピカイスをみんなで奪い合うことになっている、と
なんでって、座り心地がよすぎるせいか、一度座った人はしがみついて離れない
と、みんな知っているから
何が何でも最初に座らないといけない(※)
座れなかったらどうなるかって?そりゃ、ボロイスに座るだけさ
座らない自由は無いんだから、金ピカイスを夢にみながら
座り心地が悪すぎて、長く座る人はほとんどいないけど
すぐに別の誰かが座るから、イスは荒廃する一方なのさ
座らない自由は無いんだから、金ピカイスを夢にみながら

(※)うん、もちろん知っているよ。「生まれ」の時点でほぼ決着がついている。

労働の対価として賃金を貰っているだなんて、みんな口ではそう言うけど
信じているのはよっぽどのお人好しだけさ
何もしないアイツがたくさん貰って、何でもするソイツがほとんど貰えない
なんて極端な記憶を引っ張り出すまでもなく
賃金とはイスがもたらすものである、そんなことみんなとっくに知っている
必死で座り勝った金ピカイスが、金ピカ生活を保証するから
金ピカイスを夢にみながら、今日も「やるべきこと」に勤しむのであります

そういう、なんていうか、川の上流?ピラミッドの上層?
そこらでピンハネされたパイを
ボロイス組で奪い合う
割に合わないとか報われないとか言うけど、そりゃ「元」がないんだから当然さ
それで隣のアイツやもっと下のアイツよりは、なんてことばかり気にしながら
金ピカイス組がたくさん使ってくれればなぁ~と期待してみる
これ、トリクルダウン理論っていうらしい
まぁ、ボロイス組に回ってくるはずだったパイをピンハネしたわけだから
この理論が成立してようやくプラマイゼロ(※)なんだけど
現実にはこんな理屈が成立するはずもなく

(※)いや、待てよ、ピンハネした分から「施し」をしていただくために、金ピカイス組を喜ばせる努力をしなければならないのだから・・・・・・。

イスに座らない自由を!
そう憤っていた時期も確かにあった
座らない自由はきっとみんな支持するはずだ!
そう信じていた時期も確かにあった
しかしみんなとの間にはいつの間にか大きな溝ができていた

そんな自由を与えたら、誰がボロイスに座るんだ!!

つまり、みんなは自分が金ピカイスに座れさえすればそれでよかったらしく
ボロイスがボロイスであり続けることに対しては
そしてそこに必ず誰かが「座らされる」ことに対しては
特に何も感じていなかったんだ

いや、何も感じないならその方がマシかもしれない
だって、座ろうとしない人が目の前にいたら、みんなそいつを「ダメ」と責めるから
しかし、何が「ダメ」なのだろう?
逆に
「人並みの生活」を送らせろと企業に金ピカイスを要求するのは「イイ」のだろうか?
座らせろと押しかけておいて非人間的/長時間労働を批判するのは「イイ」のだろうか?
社会の足を引っ張って「社会貢献」を続けるのは「イイ」のだろうか?
自己実現、社会参加、成長、自立、承認、人間らしい生活・・・・・・
勝手に労働(※)に期待した挙句、どれも全て「権利」ということにして
ブラック企業を糾弾するのは「イイ」のだろうか?

(※)他人や社会の必要を満たすこと。

いつだったか、どこかの大人に問うてみた
機械や技術のおかげでとても豊かになった世界で、もっと豊かになる世界で
その周りにあるイスに執着する生活を続けなければならないって虚しくなりませんか?と
返答、「そういうことを考えちゃいけない」
何が「いけない」のだろう?
社会も、人生も、労働に乗っ取られているから?
しかしそれはつまりこの惨状を守ろうとすることなわけで・・・・・・
人生(※)を廃棄し続けてまで
みんなは一体何を守ろうとしているのだろう?

(※)恵方巻と違って肥料にはならない。

洗脳とか、社畜とか、そういう言葉で誤魔化したくはないと思うが
それでもやはり座らないと貰えない、座りさえすれば貰える、耐え続ければ貰える
という現実には抗い難く
「ここにいない自由」を失っていることには気づきづらく
目の前にいるオジサンは、どんなイスに座っているのだろう
なんて、他人の境遇をボンヤリと想像することで
日々の心の死を有耶無耶にしながら
乗りたくもない電車に乗り、行きたくもない行くべき所へ行くのである


そこには があった

夕日を浴びて、黒い影のようだったけど
クスクス笑っていることはわかった
黄昏時に彼女はいた
雑踏の中、曖昧で
しかしはっきりとした輪郭を持って

彼女以外のヒトは、みんな同じ顔をしていた
体の距離と心の距離とのギャップが
この顔をつくり出すのだろう
規則的にカタカタ動く足音が
スルスル流れていく
同じ顔の人形が一つ、単調なリズムに加わって
機械仕掛けの踊りを踊る
同じ顔を覗き込んでは、こみ上げる笑いをこらえながら

彼女はきっと耐えることをやめたのだ
そう思って、彼女の顔を同じように覗き込んでみると
肩を強く掴まれた
大きい目がパッチリと開いていて
小さい口がニッコリと開いていて

満たされないと苦しいけど、満たされたらもっと苦しくなるもの、な~んだ?

彼女の瞳には雑踏があった

私の目には、自由と理性があるの。この目に映っているのは、その象徴なの

彼女はクスクス笑った
淀みのない流れから、二人だけ取り残されると
彼女の目が何か叫んでいるのがわかった
目を内からドンドンと叩く音、たくさんの叫び声
彼女は容赦なく目を閉じて、高く笑った

自由、理性、それは「それ」に気づく可能性、にもかかわらず、この体たらく!
倒錯、倒錯、また倒錯・・・・・・ほんと、いやになっちゃう
ねぇ、「あなたの意志」は、どこ?あなたを動かす力は、どこ?
・・・・・・いつだったか、おかしな気持ちになったの
ちょっとした報酬を求めて必死で課題に取り組む・・・・・・
あ、これ、実験動物の話なんだけど
本質的にヒトと何が違うの?って
欲求?世界?あなたは何に従っているの?・・・・・・わからないなら、それって、もう

彼女が目を開けると
そこには赤ん坊がいて
赤ん坊が手を伸ばすと
彼女の口から飛び出た

あ・た・し・の・く・ち・に・は・あ・い・が・あ・る・の

にゅるりと生誕した赤ん坊は、ボトリと落ちると
這って進み
そこに倒れていた何かにへばりついて
ぴちゃぴちゃと音を立てはじめた

「善」を謳って善を踏みにじり
「生」を尊んで生を冒涜する
そうだ、これが貴様らだ
全て、なにもかも、たった一つの例外もなく、慌てて塗りたくっただけの嘘っぱち
美化する術を得ただけの生物
嘘と現実を申し合わせたように混同し、特別な存在であると誇る生物
ヒト、ヒト、ヒト、滑稽なカテゴリー

何か言わなければならない、という意志が先取りされた

それでも!それが!と繰り返す
ヒトと生物の二枚舌、理性と愛は化けの皮
幻を模した概念に、お寒いだけのストーリー
大量に積み上げた、虚ろな空言葉の山
貴様らが編む憐れな言い訳の法典

見開かれた目からは涙が溢れていた

「それ」から離れれば離れるほど、饒舌になりやがる
どいつもこいつも、暗黙の了解、お約束の肯定
安心しきって、ヘラヘラ、ヘラヘラ、そんなに心地良い?
生きる希望・・・・・・既に貴様も罪人だ

彼女は苦しそうに息を切らしながら、だらりと腕を下げ
赤ん坊の方に向き直り、足を引きずりながらユラユラと歩き始めた

幸せかい?

彼女が尋ねると、赤ん坊はキャッキャと笑った

そうでしょう、幸せだ!

彼女は高く笑った

あぁ、痛い、痛いよぅ、もう、ずっと

彼女は呻き声を上げ、頭を掻き毟り、肌に爪を立てた

逃げるな、逃がさない、許すな、許さない、悲しいなぁ、本当に、悲しいなぁ

頽れた彼女が赤ん坊を抱き寄せると、二人は夕闇に溶けて・・・・・・

そこには があった


雪解けてしんそう

「う~、さむいさむい、やっぱり電車止まっちゃったかぁ」

「いやぁ、これは困りましたなぁ」

「ええ、ほんとに」

「こうなることは数日前からわかりきっていたのに」

「それなのに出勤しろだなんて、この国の会社は本当にどうかしていますね」

「そうでしょうか?」

「こんな日に出勤させるんですよ?おかしいじゃありませんか」

「私たちは、出勤するよう会社に強いられたのでしょうか?」

「え?」

「会社から、くるな!くるな!絶対くるな!と言われたら、どうです?」

「ハハハ、そりゃあ、嬉しいですよ。やった休みだ!って」

「あなたは会社にとってなくてはならない存在なんですね」

「どういうことですか?」

「不安じゃありませんか?どうしても、絶対に、会社にはあなたが必要だ、みんながそう認めていて、かつあなた自身もそのことを知っているなら、何の不安もなく休めるでしょう。しかし、そういう人が今ここで一人震えながら電車を待っていますかね?」

「ちょっと勘弁してくださいよ。うぅ、急に胸が苦しくなってきた」

「子供の頃、学校を休むと不安になりませんでしたか?」

「ええ?どうだろう、全然覚えてないなぁ」

「今、集団内の「自分」の部分に穴があいている、もし、別の何かが、その穴を埋めてしまったら、どうしよう」

「そんなぁ、考え過ぎですよ」

「次の日の足取り、重くありませんでしたか?自分がいない間に、世界が変わってしまったのではないか、と」

「世界が変わる・・・・・・う~ん、やはりそんな昔のこと覚えていませんよ」

「私も全く覚えていないので、もうしばらくお付き合いください。どうして私は不安を感じたのでしょうか」

「えっと、覚えていないんですよね?」

「はい、全く覚えていません。しかし不安になるのは事実なのです、なぜでしょうか?」

「まぁ、仲間外れになる不安はあるでしょうね。何をするにも、クラスの中で何の役割もなくポツンとしているのは、つらいことですから」

「信頼している仲間同士だったら、そもそもそういう不安は生じますかね?」

「生じないでしょう。不安になるのは、その関係が表面的にいくら良好にみえようが、口でいくら「最高の仲間」「大好きな仲間」と言っていようが、実際は不安定あるいは敵対的であることを知っているから、自分がいない間に、何かが起こるのではないか、と思わずにはいられないから」

「あなたはなぜ不要不急の仕事をしに、今日こうして出勤したのですか?」

「さぁ、なぜでしょう」

「会社に強いられたんじゃなかったですか?」

「・・・・・・」

「つまり「いけないこと」なんですよ。一日休んだぐらいで世界が変わるはずない、それはよくわかっている。けどなんだか気味が悪い、嫌な感じがする、不安になる。それが「いけないこと」だから」

「「いけないこと」・・・・・・いや、考え過ぎですよ。誰かにそうと教わったわけでもないし、なにより誰もそんなこと口にしてないじゃありませんか」

「もし明日も同じように、あるいはもっとひどく雪が降ったとしたら、あなたはどうします?」

「休みを取る都合が・・・」

「といった言い訳をしつつ、文句を言いながらも、出勤するのではありませんか?自発的に」

「・・・・・・ハハハ、おっしゃる通り!残念ですが、所詮社畜ってことですよ」

「こうした行動を社畜と自嘲することは、完全に誤魔化しですよ」

「誤魔化し、ですか?」

「あなたは会社に尽くそうと思って出勤したのですか?ここでこうしているのは会社への忠誠心の表れですか?」

「そりゃまあ、自分の場合は違う、かもしれませんが・・・」

「大半の人が違うんですよ。社畜的行動を取る人は大勢いますが、会社に忠誠を誓っている人はほとんどいません。鎖がどこに繋がっているか、見誤ってはいけない」

「自分を縛っているのは自分自身ということですか?」

「それではいけない。「会社」や「自分」などの慣れ親しんだ観念に安易に帰属させてはいけない。ここは人間の言語的思考の陥穽ですから、常に気を付けなければならない」

「それじゃあ結局私たちは何に縛られているのですか?」

「システムですよ。生活を人質に雇用のイスにしがみつくことを強いるシステム、その「力」は現実を遍く覆い尽くし、いつの間にか現実そのものと化している。システムが現実を規定し、現実が日々の行動を規定し、人々は適応的な「ねばならない」「してはいけない」を自発的に内面化していく。適応的な価値観を内面化していく。「世間の目」を内面化していく」

「システム、ねぇ。あまりピンときませんなぁ」

「あなたが休んでいる間に会社に居場所がなくなり、無職になったら・・・・・・どう感じます?」

「やめてくださいよ!縁起でもない」

「わかりました、しかし「社畜」といった言葉に逃げてはいけませんよ。これには「会社対個人」というピント外れの世界観が反映されていますからね」

「確かに「社畜」で済ませてしまう方がずっと楽かもしれない・・・・・・あぁ、どうやら電車が動き出すようです。行きましょうか、ちなみに明日のご予定は?」

「出勤ですな。雪が降ろうが、火山が噴火しようが、線路を這ってでも、不要不急の仕事をしに・・・・・・うひひ」

「うひひ、社畜なんていない!社畜なんていない!みなさんご一緒に!!」

「社畜なんていない!」
「社畜なんていない!」
「社畜なんていない!」
「社畜なんていない!」
「社畜なんていない!」

「さぁ、いざ、不要不急の明日へ!」


プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる