自己紹介

はじめましてhachapinと申します。まずは私のこととブログの目的を簡単に書いておきます。

<自己紹介>

HN:hachapin
twitterID:@hachapin2

年齢:20代

学歴:学部卒

関心:人間・言語・社会・社会問題

<ブログの目的>

・社会の見方や社会に対する不満・不安を共有すること。

差異が叫ばれつつ価値観が収束していくことに対する戸惑い、「市場価値」という単一の評価軸での競争に対する嫌悪・疲れ、このようなことを感じている人は多いと思います。変だ変だとは思っていても、口に出せば「なんで?みんなやってるんだからいいじゃん!」と言われてしまう。社会の見方・価値観を相対化したり、不平・不満を言うこと自体がどんどん難しくなっています。1つの見方・価値観を絶対化し、文句も言えない社会ほど怖ろしい空間はないでしょう。そうならないためにも、当ブログでは少しひねくれた?社会の見方を提供したり、人が言わないような文句を言っていきたいと思います。

・緩い連帯をつくること

社会は常に変化するものなので、グローバル化の流れもこれから加速していくのでしょう。まあ変化すること自体に良し悪しは無いのでしょうが、今の変化は速すぎやしませんかね。個人も常に変化して適応するとは言っても、急な変化にそう何度もついていけるものではないでしょう。もはや「自己責任」ですむ状態ではないと思うので、個人が複数の人間・コミュニティと緩くつながれればと。関係を切るのも復活させるのも、コミュニティを掛け持ちするのも移動するのもお好きにどうぞ的な。


<カテゴリー紹介>

・自分
自分を掴むための考察。

・考察あるいは雑感
人間や社会について考察します。重箱の隅をつつくような話だったり、一般的な話だったり、常識に反抗してみたり。新鮮な見方を提供できるよう努めます。

「考察」と「雑感」との線引きがよくわからなくなったきたのでまとめることにしました。半年前の「考察」より今の「雑感」の方がちゃんと考察しているような場合もありますし。

・おはなし

たのしいな たのしいね
くるしいな くるしいね
しあわせだな しあわせだね
そんな せかいの おはなし

・テレビドラマから学ぶシリーズ
テレビドラマを観て何かしらを引き出そうと試みます。

・本・映画
読んだ本や観た映画を紹介します。「こういう解釈もあるのかー」と言われるように頑張りたいですね。

クロ現・ハートネットTV・ニュース
クロ現とハートネットTVの感想、またニュースの考察を書いていきます。

・コメント返信
コメントの返信は記事を使って行う場合があります。ですから、記事内で取り上げないでほしいという方は、お手数ですがコメントする際に何か一言言っていただければと思います。質問・批判コメントに対しては基本的には返信しますので、目的なり根拠なりはちゃんと書いてくださいね。それ以外のコメントに対しては可能な限り返信するよう努力します。

<ルール>
・更新ペースは週に一回(日曜から月曜へ日付けが変わるとき)とする。
・1記事の文字数は2000字以内を基本とする。
スポンサーサイト

労働市場ニ異常ナシ

「こんにちは」

「こんにちは、初めてのご利用ですか?」

「ええ」

「相談内容は、労働?就職?それ以外?」

「就職です」

「了解しました。相談員をお呼びしますので、先に部屋の方でお待ちください」

「はい」

「失礼します、えー、本日の相談は私が務めさせていただきます。よろしく」

「よろしくおねがいします」

「それでは早速履歴書の方を・・・・・・職歴なし!?その年齢で?」

「はい」

「今までなぜ働かなかったのですか?」

「お金があったからです」

「・・・・・・それで、お金がなくなったから働くと?」

「ええ」

「はいはいはい、はぁ~」

「なにか?」

「いやね、働くのって当たり前じゃないですか」

「当たり前なんですか?」

「いやいやいや、当たり前でしょう」

「しかし働きたくない人もいるわけですよね」

「だから?」

「強制労働じゃないですか」

「なんてこと言うんだ!強制労働ってのはね、奴隷がやるもんですよ。鞭で叩かれ、恫喝され、拳銃で脅され、使えなくなったらゴミのように捨てられる。これが強制労働です。働きたくない人たちはどうです?鞭で叩かれましたか?拳銃で脅されましたか?そんなはずはない!つまり、働きたくない人たちも自発的に働いているわけです」

「働きたくないのに自発的に働いているのですか?」

「簡単な話です。働きたくない人など実は存在しない、これが答えです」

「働かなかったら収入が途絶えますね。じゃあ、収入が途絶えたらどうなります?」

「収入は途絶えません」

「どうして?」

「働くのは当たり前だからです」

「そうやって強制されていることを誤魔化すんですか?」

「まさか!誤魔化して何になるんです?私はただ働くのは当たり前という人間の本性に基づく真実を語り、みんなが自発的に働いているという事実を語っただけです。それに、あなただって、こうして自発的に就職相談にきているじゃありませんか?」

「お金がなくなってこのままじゃ死ぬからですよ」

「誰も働けとは言ってない」

「資産のない者がお金を手に入れるには、働く以外に方法がない社会ですよ?」

「職歴なしじゃ、時給800円の仕事からですね。ああ、いや、その前にそうした反社会的な思想、いわゆる社会主義ってやつを改めてもらわなきゃ。我々はね、まあ、世間様を代表して言わせてもらいますけどね、みんなが自発的に働く、自由主義、の社会に住んでるわけですよ。その辺をきちんと理解し、合わせてもらわなきゃいけない。そういう意味でもね、まずはタダ働きから・・・」

「それじゃ生活できませんよ!」

「仕方ありませんよ。努力しないで怠けていたのですから」

「ところでなぜ800円なんですか?」

「能力がないからでしょ」

「生活が成立しない給料の仕事に、なぜ人が集まるのでしょう?」

「あなたはね、ワガママなんですよ。能力もないのにもっと給料よこせ?働かなくても贅沢がしたい?社会を舐めすぎでは?」

「働かないで最低限の生活がしたい」

「働いて最低限の生活がしたい、と。なら時給800円でいいじゃありませんか」

「そうやって労働市場に押し込むから時給800円なんてことになるんですよ」

「あー、あー、こちら労働相談所、労働市場の定時報告をお願いします。ピーピーガー・・・労働市場ハ、本日モ公平・公正カツ適切ニ機能シテオリマス。公明正大!公明正大!・・・ほらね?みんな自発的にね、好きな仕事を選んでるんですよ」

「一人で何してるんですか?」

「みんな苦労してるってことだよ!子供や家族のために必死で働き、保険料や税を納め、自分の手元には贅沢できるようなお金は残らない。どう思います?」

「労働を強制されてるから・・・」

「① 普通に働き、普通に貧しく暮らす②一生懸命働き、一生懸命貧しく暮らす③遺伝子と環
境に恵まれその才能とエネルギーの全てを労働に注ぎ込みなおかつ要所要所で好運にも恵まれ、豊かに暮らす。人間って生き物はね、選択肢が多すぎると逆に選べませんからね。3つぐらいがちょうどいい。3つぐらいがね、一番「自由」を体現するんですよ」

「ふざけてると思いませんか?こんな強制労働・・・」

「働いてる人たちを侮辱するつもりかああああ!?え?みんなね、自発的に、好きな仕事をやってんだよ。誰かのために闘ってんだよ。それを強制だなんて、愚弄するにも程があるぞ!」

「貧しい生活のために週何十時間も働かせる方が愚弄してると思いませんか?」

「私の月給、15万円なんです。これがどんな金か、働いたことのないあなたにわかりますか?満員電車!残業!休日出勤!嫌いな人間との付き合い!突然降りかかる理不尽!こうした試練に耐え、ようやく手に入るのが15万円って金なんだよ!」

「なぜ働いてるんですか?」

「なんだあ?」

「だってそうでしょ。強制されずに、自発的に好きな仕事ってのをやっているとしたら、そんな不満が出るのはおかしいじゃないですか」

「あんたはなあ!これから!自発的に!時給800円のお仕事を!させて!いただくんだ!感謝だ!感謝!感謝が足りないんだよ!」

「強制されてるのに感謝なんて・・・」

「ピイイイイピイイイイガアアアア!労働市場ハ、本日モ公平・公正カツ適切ニ機能シテオリマス!」

「ちょっと!」

「労働市場ニ異常ナシ!現代社会ニ異常ナシ!世間様ニモ異常ナシ!働ク以外ニ道ハナシ!」


完全雇用ドリーム

「さあさあみなさん、大変長らくお待たせいたしました!仕事です!仕事をお持ちしましたよ!」

「みんな、指導者様だ!指導者様が我々に仕事を持ってきてくださったぞ!」

わー!!

大歓声を上げ、人々は瞬く間に指導者様の周りに集まった。

「指導者様、仕事をいただけるというのは、本当なのでしょうか?」

群衆の一人が恐る恐る質問すると、場は静まり返った。これは、夢なのではないか?仕事をさせていただけるなんて、何かの間違いではないのか?人々の間に不安が広がる。

「もちろん本当ですとも!みんなが仕事をし、みんなが誰かの役に立ち、みんなが自分でお金を稼ぎ、みんなが自立して生活する!これが我々、美しい国に生まれた人間にとっての、「当たり前の生活」であります!」

不安は払拭された。もう、何も、人々を脅かすものはない。

ばんざーい!!指導者様、ばんざーい!!

「指導者様!私は3年以上も引きこもっているダメな人間ですが、そんな私にもお仕事をいただけるのでしょうか?」

「もちろん!みなさんのためにたくさんの仕事を用意しましたよ!さ、さ、どうぞお好きな仕事を選んでください!」

この日、完全雇用プログラムが施行された。20XX年、人工知能の進歩とロボットの台頭で失業者数は世界的に増加の一途を辿っていた。労働を愛するここ美しい国でも資本の論理に逆らうことはできず、「仕事を奪うロボット野郎」への抵抗運動も空しく失業者は着実に増えていった。世界は変わった。これからは、ロボットが仕事をするのだ。

時代の潮流に合わせ、当初は月20万円を無業者に配ることに決まった。が、働いている者たちからすぐさま怒りの声が殺到。「タダで金を貰って、恥ずかしいと思わないのか!?」「本当にやむを得ない理由ならともかく、お前たちはそういうやる気の無い態度だから無業者になったんじゃないのか!?」無業者の中からも同調する声が続々と出始める。「自分の至らなさが原因で失業した人間が、タダで金を貰うのはおかしい。道義に反している」「タダで金を貰って本当に申し訳ない。働く以外に償う方法がみつからない」

タダで金を貰うのはおかしい。仕事をして償いたい。そう考える無業者が増加し、声は急速に大きくなっていった。全国各地で数十万人規模のデモが連日開催され、運動は1か月のうちに数千万人が賛同する大運動へと発展した。それに伴いハンストや実力行使に打って出る過激派が勢力を拡大。餓死者や逮捕者が出始めたことで大衆の間には「働かないと殺される」という噂が広まり、混乱収束を図った指導者様は速やかに完全雇用プログラムの導入を決定したのである。

完全雇用プログラム。全国民が漏れなく「当たり前の生活」を送ることができるよう、全員に仕事を与える。国民は月20万円をいただくため、週5日×8時間お仕事をさせていただく。研修・昇進(昇給はない)・旅行・忘年会・式典といった定期イベントの他、(サービス)残業・休日出勤・繁忙期(月100~200時間の残業)といったイベントもランダムで発生。「当たり前の生活」を求める人々のニーズに応えられる仕様になっている。仕事は様々あるが、代表的な(人気のある)仕事は次の3つ。大きな声で挨拶をさせていただく仕事。労働讃美歌を歌ってデモ行進させていただく仕事。お手伝いの仕事(たとえばAがBの洗濯をし、BがCの洗濯をし、CがAの洗濯をする)。もちろんどの仕事も「ロボットの邪魔にならない範囲で」という制約つきである。

「おはようございます!」挨拶をされたロボットは、生物の本性に逆行する不気味な生物モドキを見てしまったときのような表情を一瞬で切り替え、ニコリと笑って「おはようございます」と返事をした。「こんな私でも、ロボットさんのお役に立てるんですね」と喜ぶ人には、「ええ、あなたは社会的にとても意味のある仕事をしています」と応えた。人々の手に「当たり前の生活」が戻ってきたのだ。

「指導者様、この現象はどうしても理解できません」

「はは、さすがのロボットさんも理解が追い付かないようですね」

「あのニコニコしている人をみてください。確かに表向きは笑っていますが、我々が認識する生化学的変化は明らかにストレス反応のそれを示しているのです。あの人だけじゃない。我々のデータでは70%の人々が同様の反応を示している。かといって、仕事はいいので帰ってお好きなことを自由にしてくださいと気を利かせてみると、なんとストレス反応に加え恐怖反応まで示すのです」

「それが、この国の人間にとっての、仕事の第一義だということです。塗り重ねられてきた虚飾が剥がれ、ようやく人々にとっての仕事の本質が明らかになった。それだけの話ですよ」

「おっしゃることの意味が全く理解できません」

「理解されたら困りますよ。あなた方には必要な仕事をきちんとやっていただきたいのですからね」


鏡の国のニート

「おい、ニート!おい!そこで一体何してやがる?まだ怠けてんのか、え?」

「おい、狂信者!おい!そこで一体何してやがる?まだ働いてんのか、え?」

「な、なんだと!?」

「私は鏡の国のニート。説明のため、一度だけ普通に話すよ。鏡の国の掟に従って、君の発言を君にピッタリの発言に変換してお返しするからね」

「訳のわからないことを言いやがって!ははん、さては働かないための言い訳だな?」

「訳のわからないことを言いやがって!ははん、さては懲らしめるための言い訳だな?」

「懲らしめる!そう、その通りだ!社会に貢献しないニートは、懲らしめられて当然じゃないか!」

「懲らしめる!そう、その通りだ!社会を破壊する狂信者は、懲らしめられて当然じゃないか!」

「おい、ふざけるなよ。オレは働いて、社会に貢献しているんだ」

「おい、ふざけるなよ。お前は働いて、社会を破壊しているんだ」

「社会を破壊しているのはそっちだろうが!親に寄生して何も産み出さない、ただ消費するだけのニートが何言ってやがる!」

「社会を破壊しているのはそっちだろうが!会社に寄生して余計なものしか産み出さない、ただ問題を増やすだけの狂信者が何言ってやがる!」

「こっちはなあ、価値を提供してんだ!それで金貰ってんだよ!」

「こっちはなあ、価値を吸収してんだ!それで金払ってんだよ!」

「ほらみろ、ただ消費するだけじゃないか?オレは汗水垂らして自分とこの商品を売り込んでるってのに、気楽なもんだな」

「ほらみろ、ただ賃労働してるだけじゃないか?オレは汗水垂らして自分とこの商品を売り込むような余計な労働はしてないってのに、気楽なもんだな」

「おい、お前、今オレが誇りを持ってやってる仕事をバカにしたのか?」

「おい、お前、今オレが誇りを持ってやってるニートをバカにしたのか?」

「バカ野郎が!怠けてるだけなのに何が誇りだ!」

「バカ野郎が!余計な労働をしてるだけなのに何が誇りだ!」

「文句ばかり言いやがって。怠ける暇があったら社会に貢献するため起業でもしようって意欲はないのか?」

「文句ばかり言いやがって。余計な労働をしてる暇があったら社会に貢献するため起業でもしようって意欲はないのか?」

「オレはなぁ、お前のためを思って言ってんだよ!怠けて時間を無駄にしてるとなぁ、取返しのつかないことになって後悔するぞ?」

「オレはなぁ、お前のためを思って言ってんだよ!労働をして時間を無駄にしてるとなぁ、取返しのつかないことになって後悔するぞ?」

「いいかげんにしろよ。人は働くのが「自然」ってもんだろうが」

「いいかげんにしろよ。人は働かないのが「自然」ってもんだろうが」

「怠けを「自然」にしてんじゃねえよ!」

「余計な賃労働を「自然」にしてんじゃねえよ!」

「みんな働いてんだからなぁ、どう考えてもこれは「自然」だろうが!」

「みんなやらなくてもいい労働をさせられてんだからなぁ、どう考えてもこれは「制度」だろうが!」

「はっ、ニートが「制度」なんて言っても説得力ないもんね」

「はっ、狂信者が「自然」なんて言っても説得力ないもんね」

「さっきから人のこと狂信者狂信者って、怠け者が何様のつもりだ?」

「さっきから人のこと怠け者怠け者って、狂信者が何様のつもりだ?」

「「自然」に反する怠け者が!」

「「制度」を崇める狂信者が!」

「ふん、義務を果たしていないクズに何を言われても気にしないもんね」

「ふん、経済的義務を絶対視して社会的義務を放り出したクズに何を言われても気にしないもんね」

「さっさと自立するんだな。親がいなくちゃ何もできないなんて、みっともないだろ?」

「さっさと現実を受け入れるんだな。会社に必要とされなくなったら生きていけないなんて、みっともないだろ?」

「縁起でもないこと言うな!オレが会社に必要とされなくなったら・・・・・・あれ?会社に必要とされなくなったら、オレどうなるの?」

「・・・・・・」

「教えてくれよ、お~い、あれ?お~い」

「・・・・・・」

「あは、まあ、自然の掟だから、逆らえないよな」

「あは、まあ、労働社会の教えだから、逆らえないよな」


つぐ

どぼんと落ちて ぶくぶく浮かび ばしゃばしゃもがく
もうかえれない
生まれた!かわいい、かわいい、赤、ちゃん!
おめでとう

みんな憧れお天道様の声
「さあさあみなさん 生きる希望 はこちらでございます!」

罪を隠そうと魚の面を被った者たち(溺れながら)
「希望、希望! 生きる希望 だ!あっはっは、苦しくない!希望に向かって泳ぐんだ!苦しいからじゃない!希望があるから泳ぐんだ!」

苦しくないと 泳がない
苦しくないと もがかない
苦しい 苦しくない
たすけて 泳ぐしかない

苦しいから 一瞬の救いを求め 跳ね回り
苦しいから 誰かを嘲り 悦に入る
苦しい 楽しいね
たすけて 愉快だね

罪から逃れんと魚になろうとした者たち(くるくると溺れながら)
「あは、あは、気持ちが、良い!まさに、この瞬間のために、我々は生きているのだ!苦しくない!気持ちが良いから泳ぐんだ!苦しいからじゃない!もっと気持ちが良くなるから泳ぐんだ!」

罪の重さに耐えかね魚になりきった者たち(ひそひそと溺れながら)
「うは、うは、みろ、愚か者だ!泳ぎが下手な愚か者だ!」
「う~ん、きっと、何らかの罪を背負っているに違いない」
「つ、つ、罪だー!穢れた者に、さ、さ、裁きの鉄槌を!」

穢れた者を 浄めるのだー!!

無数の魚共が
荒波の如き雄たけびをあげ集まってくると 件の輩を取り囲み
打ち 噛みつき 四肢をもぎ 腹を裂き 五臓と六腑を 無我夢中で貪り始めた

やったやったやったのだ! 生きる希望 を取り戻したぞー!!

鮮やかな塊をくくみ満足げな魚共は
津波の如き轟音を吐き出し
歓喜の踊りに没入している(溺れているだけという可能性も捨てきれないが)

どうやらこの世界の住人にとって
これは欠かすことのできない 大切な営みであるらしい

罪を忘れようと心を魚にした者たち(眼も口もパックリ開いたような笑みを浮かべて溺れながら)
「ああ 生きる希望 が溢れてくる! 生きる希望 をあなたにも与えたい!この素晴らしい世界をあなたにもみせてあげたい!おいで、おいで 生きる希望 に溢れるこの世界へ!」

生きる希望 に導かれ 性を貪る

魚共は興味津々といった様子でチラチラ目を遣っていたが 
やがて何に気づいたのか
口をあんぐり開けたまま 涙を流し
波に揺られ みんないなくなってしまった

どぼんと落ちて ぶくぶく浮かび ばしゃばしゃもがく
もうかえさない
欲するままに魚共を貪り尽したお口が曰く
生まれた!かわいい、かわいい、赤、ちゃん!

おめでとう


プロフィール

Author:hachapin
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる