間違って間違いに縋り間違い続ける

この世界は厳しい
といっても、世界が厳しくしているわけではなく
世界を裏切った当然の報いだから
「世界は厳しい」なんて単なる責任転嫁であり
そんな態度こそが裏切りの確かな証拠なのだ

中途半端に知恵をつけた存在は
その中途半端さゆえに
世界を裏切らずにはいられなくなる
他の生き物たちをみればわかるだろう
みんな中途半端さとは無縁に世界と調和して生きている

苦しい?当然さ
世界を裏切って世界から浮き上がってしまったのだから
苦しい苦しい、一瞬一瞬一呼吸一呼吸が苦しみに満ちて
苦しい苦しい、目を回して吐いて彷徨ってしがみついて
苦しい苦しい、そしてまた再生産反復拡大

中途半端な知恵は罪であり罰なんだ
なぜか?簡単さ!間違い続けるしかなくなるからだよ
世界はね、うまい具合にそういう風にできているんだ
調和する者は正しい道へ進み、裏切り者は必ず不正解の隘路へ進む
ねぇ?虚心坦懐に「自分」を省みてごらんよ

あぁ苦しいねぇ、苦しい、本当にどうしようもない、絶望的だ!
何の方針も立たない前が見えない今どこにいるのかわからない不安で孤独で耐えられないだからひたすら無我夢中に鞭打って進む進む進む進む進んでいるなんて嘘だ!ここはさっき通った五里霧中違うきっと気のせい分解空中精神集中再結集それなのに何の方針も立たないしたがってまた夢中・・・・・・したがって?間違い続けるしかない。絶望がみせる幻覚に半端者らしくピョンと飛びつき何度も何度も何度も何度も

ほんと困っちゃうなぁ、うまくできてるんだから、縋りたくなるようにさぁ
思わずピョンと飛びつきたくなるようにさぁ、飛びつかずにはいられないようにさぁ
やんなっちゃうなぁ、参っちゃうよなぁ、ほんと
「自分で選んでいる」と信じ込めるようにさぁ
ご自慢の知恵を使いたくなるようにさぁ、何度も同じように間違えるようにさぁ

「みんな同じなんだから(きっとこれで合ってるんだ)」
「みんなわからないんだから(そもそも間違いなんてないんだ)」
「みんなそうやって苦しんで生きてきたんだから(きっとこれが当たり前なんだ)」
「幸せがあるのは苦しいことのおかげなんだから(きっとこれは善いことなんだ)」
「世界は厳しいんだから(きっとこれが正しいんだ)」

間違いばかりがどんどん増えていく、本当につらいなぁ

知恵を使って複雑に思考し正解への単純な道を選べない
知恵を使って安易に短絡し正解への複雑な道を選べない
知恵を使ってあれこれ想像したのに器用に正解の道だけを見落とす
知恵を使ってあれこれ議論したのに正解の道を間違いと決めつける
同じように間違って間違いに縋り同じように間違って間違いを増やす

空々しい因果でつなわたり、けばけばしい飾りで足るを知る?
下を眺めて蜜を吸い、比較と優位の技磨く
思い出探して抱きしめて、同じ間違い繰り返す
孤独な僕が泣いたとき、孤独な君がくれたやさしさ
それでも嬉しかったんだ、ちょっと肯定できたんだ

今日も苦しいと塞ぎ込み、世界の声には耳塞ぐ
嫌な予感に首を振り、うまいお話信じ込む
止めるな息の根先延ばし、「ほんとう」を「あい」とすり替えて
地獄で営むおママゴト、腐って死んでいく心の子
ああしあわせになりたい、ほら、また未来に向かって間違いを投げる


スポンサーサイト

怖い夜が去った頃

不意打ち、全身を劈くバケツが落ちたような音
雨が欄干にカンカン当たる規則的な音
窓がガタガタ揺れる音
ビンとビンがぶつかって弾けたような音
ドアが開閉されたような音

深夜、正確な時間は判然としない
恐怖で身体が動かない、よって確認する術なし
頭ではわかっている
雨は外で降っている、音は外で鳴っている
しかし聞こえるのは頭の周り、すぐ右で、左で、前で後ろで家の中で、音が響いている

街から聞こえるサイレンは束の間の救いだ
なぜかって、サイレンは遠くから聞こえるままに遠くから聞こえるから
おかげで少し落ち着いた、小説でも読んで朝が来るのを待とう
電気をつけると、閉まっていたはずの押し入れが少し開いていた
瞬間、いつもの部屋が急によそよそしいニセモノと化し、呼吸が乱れる

思わず「わあっ!」と小さく叫び身をかわした
すぐそばに誰かの気配を感じた
頭ではわかっている
ここには自分しかいない、だから気配の源たる呼吸は自分のものだ
しかし感じるのは頭の周り、すぐそばで、隣で、上で下で家の中で・・・・・・

我々は常に「まとまり」をつくっている
無意識に膨大なエネルギーを割き、感覚感情意味記憶を今この瞬間に結んでいる
「自分」なんて「まとまり」は所詮危うい一瞬一瞬の均衡の結果にすぎないのだが
普段は気にすることもなく、「自分」という幸せな幻想に没入している
こうやって、特にこれといった原因もなく、いとも簡単にズレてしまうのに

したがって、世界は一瞬一瞬が全て特別なのだ
したがって、ある反応が意図された娯楽なる刺激など、本来不要なのだ
一見退屈な日常世界のそこかしこに、裂け目が潜んでいる、穴があいている
仰向けになって人差し指と中指でお腹をポンポン小刻みに叩いてみれば
身体がズブズブと穴に沈んでいくのがわかる

今日は何の日だっけ?うんショッピングモールに行く日
映画館一瞬で何か観てヒトの群れ顔無くゲームセンター突っ切り
大聖堂の如き吹き抜け果てしなく長い長いエスカレーター寄る辺なく
食品売り場の迷宮通り抜け駅から大学に向かい映画館のような教室真っ暗闇授業点滅
で目を覚ますとカーテンに茶色いカマキリのような虫が動いていたので外に出そうか放置するか迷って結局外に出そうと起きて起きたら起きた

カラスの鳴き声に驚いても、遠くの音は遠くで聞こえた
新聞を運ぶバイクの音、「たったこれだけしか寝れなかった」ことを意味する不愉快な音
それでも不愉快な音は不愉快な音として聞こえた
カーテンの隙間、薄明に浮かび上がる灰色の空
今こうしている間にも、どこかで誰かが死に、どこかで誰かが生まれている
濁ったままのこんな世界でも生命は循環する、淡々と、怯える私を置き去りに


敵意の先に敵は存在するのか?

狂ったようにクルクル回っているとクルクル回って狂った世界が折れて倒れて這ってハッと張って札束バシンと貼ってレッテルペタっと降り続ける黒い雨が狂ったようにクルクル回る世界を刻んだ一週間そうつまり毎日は月曜日に消えてドロドロ流動食と化したみんな労働に食われいなくなった。

そんなわざとらしい世界なんて地獄なんだから地獄に堕ちるだなんて言わないでほしいの

ヘラヘラヘラヘラ群がって
ベタベタベタベタ寄り添って
イソイソイソイソ偽って
ヒソヒソヒソヒソ裏切って
ペロペロペロペロ貪って

そんなつくりものの世界なんて天国なんだから天国にいけるだなんて言わないでほしいの

ねぇ、知ってる?
世界って、地獄って、バレたって、え!まだ知らないの?
エデンって、嘘だって、バレたって、それで逃げたって、逃がさないよ
神様戒律地獄天国
善悪道徳規範吹聴
人間歪曲洗脳遊具

人生のような太陽の熱でやけて焦げた人型コッペパンになった時から知っていた
無意味に腕をまくっては無意味に戻しながら無意味に無為な検索をするようになった時から知っていた
ガムを噛んでくちゃくちゃおしゃぶりちゅぱちゅぱ自分の指を噛んでいる大人の表情をみた時から知っていた
自分が待っている間の5分が他人にとっては単なる「5分」でしかなくしかもその違いに気づけないのだと気づいた時から知っていた
二人組になったいじめられっ子Aちゃんの媚びるような卑屈な笑顔と態度となんだこいつと思っている自分をみた時から知っていた
みんなが保護を求めて「被害者」になる競争をした結果うまく「被害者」になれるような強者が「被害者」の地位を占有した世界をみた時から知っていた

ねぇ、とっくに知ってるんだ
いい加減なことを言ってやって謳って誘って信じて慰めて
この世界に火をつけて回ってる奴らがいるってこと

言葉に囚われ無限後退、滑稽な無謬性

混乱熱狂暴力虐殺
解釈束縛現実曲解
泥沼沈没嗚呼無情

信仰に囚われ永劫隘路、滑稽な奴隷性

苦役霧中反復恍惚
臨界崩壊現実融解
依存一体嗚呼無情

それで、悪いのは、誰?

神様を使ってこの世界を地獄に変える奴ら
地獄で脅してこの世界を地獄に変える奴ら
天国で煽ってこの世界を地獄に変える奴ら
現実を騙ってこの世界を地獄に変える奴ら
善悪に縋ってこの世界を地獄に変える奴ら

それは、つまり?

うん
そんなどうしようもない世界なんだから、しあわせになれるだなんて言わないでほしいの


極彩色の世界にうまれおちた赤ちゃん

はじめての世界はシャボン玉でした、ふわふわ浮いていて、きらきら輝いていて
パチンと弾けたら、極彩色の水玉が飛び散った
フフフ、周りの景色なんてちっとも覚えてない
無機質な灰色の壁だったかもしれない
真っ黒な夜の闇だったかもしれないし、真っ白な白昼の光だったかもしれないし
ぐちゃぐちゃに潰れた肉の色だったかもしれないね

世界はおもちゃ箱をひっくり返したようにはちゃめちゃで、ぐにゃぐにゃで
時間も重力もなくて、全てがゆっくりと流れていた
手を伸ばせばぬいぐるみがやさしく握ってくれた
飛び跳ねればお人形さんが一緒に踊ってくれた
にこりと笑えばみんな一緒に笑ってくれた
シャボン玉もぬいぐるみもお人形さんもみんな一つでした

そんな原風景としての思い出
とっても悲しい時に思い出して声を殺し泣くための思い出
とっても嬉しい時に思い出して声を上げ泣くための思い出
いつでも縋ることのできる、温かいゆりかごのような思い出
大切に、壊さずに、持ち続けたいのに
どんどん穴があいて漏れてしまう、ボロボロになって汚れてしまう、夢・・・・・・

ずっと何かを探していた
けど望んでいたモノは何だっけ
何が欲しかったの
どこに向かっていたの
何をしようとしていたの
なんでうまれおちてしまったの

シャボン玉のように大きくて澄んだ瞳がほしい
ビー玉のようにつるつるした白い肌がほしい
ぬいぐるみのようにやさしく包み込んでくれる髪がほしい
子守唄のように甘く心地よく響く声がほしい
積み木細工のように精巧な左右対称の顔がほしい
お人形さんのように完璧な型の四肢がほしい

「なんで?」

そうなれたらきっと苦しくないのにと思いたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

どんな問題もたちどころに解決してくれるアタマがほしい
それでいてたとえばどこかちょっと抜けているとか
「そのギャップがまたいいね」と他人を魅了してしまうような
欠陥とはいえない欠陥がほしい
その欠陥とはいえない欠陥を根拠に「誰にだって欠陥があるんだから、元気だして」
なんてサラリと励ませるような屈託のなさがほしい

「なんで?」

そうだったらきっと苦しくないのにと思いたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

誰もが理想とする憧れの生活がほしい
最後は安定した人並みの生活がほしい
無条件に支えてくれる相手がほしい
無条件に愛してくれる相手がほしい
無条件に支えてあげられる愛してあげられる相手がほしい
しあわせがほしい

「なんで?」

そうなったらきっと苦しくないのにと思いたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

悲しい時に苦しみを癒す笑いがほしい
笑っている時に苦しみを流す悲しみがほしい
だからずっとクルクル回っていた
お人形さんのように完璧な型の四肢で器用にバランスをとりながら
どんな問題もたちどころに解決してくれるアタマが生み出す意志の力で
ずっとクルクル回っていた

「なんで?」

本当はクルクル回ることしかできないから、クルクル回っていただけなのだが
それをそうと知ってしまったら、と考えるととても怖いから
意志の力でクルクル回っていた、ということにしたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

どこでもいいから、クライ、クライ、クライ
なんでもいいから、クライ、クライ、クライ
どこもかしこも、クライ、クライ、クライ
命が望まれるとか、望まれないとか、そんなことどうだっていいの
大切なのは、その命が持ち主の望むような命かどうか
じゃない?

「なんで?」

それしかできないから

「なんで?」

許されていないから

「なんで?」

許してほしいから

「なんで?」

苦しいのは許されていないから、と思いたいから、許してほしいと願うから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

「なんで?」

お前らが大嫌いだ

理由をでっち上げて苦しみをナシにする卑しい根性のお前らが大嫌いだ
犯した罪を認識しようとしない、あるいはできない、できないことを認識できない
そのせいで誰かが苦しんでもヘラヘラ何の罪悪感もなく生きているお前らが大嫌いだ
人を人たらしめている能力を捨てたくせに人間ヅラしている恥知らずなお前らが大嫌いだ
過ちを過ちで塗り潰すことを、罪を罪ですり替えることを
「人間らしさ」などと表現して憚らない人間モドキのお前らが大嫌いだ

「なんで?」

なんで?

「なんで?」

なんでこんなことしたの?

「なんで?」

なんで「これ」が苦しみにあたいすると思ったの?

「なんで?」

なんで散々逃げ回った挙句「これ」を選んだの?

シャボン玉が弾けて、極彩色の水玉が飛び散って視界染める

埃をかぶった雛人形が着ている真っ赤な着物のような世界だった

ドロドロに飲み込まれて、せっかくつくったからだ動かなくなる

不細工な木人形が意志もなくギシギシ震えているような世界だった

苦しみを精一杯解こうとしたアタマが溶けて、原風景溶けて混ざる

雨に濡れた泥人形が何もできないまま崩れていくような世界だった

「なんで?」

楽になりたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから


きっとどこかに

ひんやりとした空気、無機質に鳴るチャイムの音、静寂に浮かぶアナウンス。温かい季節になってきたとはいえ、終電の時間ともなればまだ寒い。泥酔者が出たせいで一本前の電車を逃してしまい、こうして15分後の終電をブルブル震えながら待つハメになった。日曜日ということもあってか、それなりに利用者の多い大きな駅にもかかわらず、人はほとんどいない。みんな、それぞれ、ポケットに手を突っ込んで寒さを凌いだり、虚空をみつめ感覚を閉ざしたりしながら、物わかりのいい従者のように独りジッと電車を待っている。

「~!~!」駅員の声だろうか?「~!~!」人の名前を呼ぶ声。こちらに近づいてくる。「~!~!お~い!ここにいるよ~!どこにいるんだよ~!」やはり駅員ではないようだ。追い詰められているのだろう、ハァハァと息切れしており、今にも泣きだしそうな顔でキョロキョロ動き回っている。「どうかしましたか?」少し残っていた酔いに任せ、つい話しかけていた。「人を探しているのです。この駅にいるはずなのですが、中々出会えなくて。あぁ!きっと向こうも不安な気持ちで私を探し回っているはずです!」「お名前はなんというのですか?」声をかけた流れ、あるいは感じるものがあったから、手伝うことにした。

「~!!~!!」一緒になって声を出し、駅の中を走り回った。いくら駅が広いとはいえ、人がほとんどいないのだから、すぐにみつかると思っていた。「~!!~!!」「うぅ、うぅ、こんなに探したのにみつからないなんて!会えないなんて!きっと、きっとどこかにいるはずなのに!」確かにこんなに探してみつからないのは何か変だった。「本当にこの駅にいるのですか?」「はい、だってさっきまで一緒にいたのですから」「え?」ついに泣きだしてしまった。

「これでしばらく会えなくなるから、互いに別れを惜しみ、悲しみ、ホームで待つ間も、つらくて、いてもたってもいられなくなって、電車が到着した瞬間、相手のホームに向かって走り出しました。いませんでした。乗降客の足音が黙々と響くばかりで、とても寂しくなって、きっと相手も同じだと思って、探し続けました。早くみつけないと!相手もきっと寂しくて、不安なまま、この広い駅のどこかに!」

別れたという話が本当なら、こんなに探してもみつからないのだから、つまり相手はもう電車の中なのだろう。勝手な思い込み、現実と願望の混同、それに付き合って大声出して走り回り、終電を逃した。そしてそこからどうやって去ったのか、記憶は曖昧で定かではなく、今こうして朝まで歩き続けようとしている。家に帰れるわけではない、それでも涙を流しておくにはちょうどいい。あの人をおかしいとは思えなかったし、思いたくもなかった。


プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる