ニート・メアリーの日常

「いいですかメアリーさん、就職活動ではまず「軸」を決めなければいけませんよ」

「「軸」・・・ですか?」

「そう、「軸」です」

「あのぅ、「軸」というのは・・・」

「メアリーさん、「軸」を決めたら次は「つよみ」ですよ。会社の方にあなたという人間を知ってもらうためにも、「つよみ」をしっかり伝えなければいけませんからね」

「「つよみ」・・・」

「そうです。メアリーさんは遠い異国の地から我が国にやってきているわけで、その積極性は十分「つよみ」になりますよ。それに、メアリーさんは所属する研究会でリーダーを務めていらっしゃる、このリーダーシップも「つよみ」になるでしょう」

「積極性・・・リーダーシップ・・・」

「そうです」

「会社に雇われて働くことに対し、こうした積極性やリーダーシップはどのような意味を持つのでしょうか?」

「はぁ~、メアリーさぁん、ですから、全てあなたという人間を知ってもらうためなのですよ」

「積極性やリーダーシップを発揮した経験があると伝えることが、なぜ私という人間を知ってもらうことに結びつくのですか?そうした経験があるからといって、私が一貫して積極的でリーダーシップがある、ということになるのですか?それに会社側が期待する積極性やリーダーシップと私の・・・」

「会社さんがそう言ってんだから、仕方ないんですよ!」

「仕方ないって・・・どうして?なぜこんなアピールをしなければならないのですか?結局「軸」って何なんですか?何もかもわからない・・・意味不明なことが多すぎるわ・・・なぜ?どうして?意味は?一体何を言っているの?誰か教えてよ!」

どんどこどこどこどんどこどん
どんどこどこどこどんどこどん

軸!やりがい!風通し!がんばったこと!がんばったこと!

どんどこどこどこどんどこどん
どんどこどこどこどんどこどん

成長!貢献!志望動機!グローバル!グローバル!

うんじゃらめいためだめたほいだ(うぇ~い)
えいよえんだほらみだみたほいだ(うぇ~い)

「きゃー!!あいつらよ!呪術師たちがくるわー!!」

「おい、どうしたんだメアリー!ここは家だよ!呪術師なんてどこにもいないから安心しなさい」

「はぁ、はぁ、夢・・・」

「そうか、メアリー、悪い夢をみたんだね。もう大丈夫、パパがついてる」

「・・・ねぇパパ、そもそもなんで会社に雇われて働くために私という人間を知ってもらわなくちゃいけないのかしら?」

「だめだ、メアリー。ここは精神力の国なんだから、いちいち意味や理由なんて考えちゃいけないんだよ」

「でも、パパ、会社はお互いを理解し合いたいから私という人間を知りたいと言っているのに、会社の話になると、どこも似たような回答をするか意味不明な言葉ではぐらかすだけなのよ。おかしいと思わない?「お互いを理解し合いたい」って繰り返し唱えるだけで実際には何もしないし、意味不明な言葉は溢れるがままだし、これじゃまるで呪術の儀式だわ」

「メアリー、もう一度言う。ここは精神力の国だ。与えられた現実をまず受け入れる。そこで踏ん張る。そして行動する。いいかい、与えられた現実をありのまま受け入れる、これが人生の第一歩なんだ。だから与えられた現実について考えるなんて、ましてそれに疑問を持つなんて、絶対にやっちゃいけない。メアリー、「和」だよ、「和」。「和」の精神で現実に没入し、気合いで踏ん張り、根性で動き回るんだ」

「「和」っていったい・・・」

「メアリー、受け入れるんだ」

「受け入れるって・・・何を?」

「現実をだよ」

「訳がわからないわよ!」

「この世は訳のわからないことだらけだ。私たちの友人が信じていた神様だって、訳のわからないものじゃないか。それでもみんな受け入れていただろう」

「神様とこの国の現実とじゃ話が全然違うわ」

「メアリー、現実はあくまでも現実にすぎない。本質を見誤るべからず、だ」

「何を言っているの?」

「現実は世間様がおつくりになったものだということだ。ここは本当に、本っ当に大切な所だよ、現実はね、世間様がみんなのために用意してくださったものなんだよ」

「世間様って・・・」

「疑問を持つな!世間様は世間様!神様と同じ、疑っちゃいけない何かなんだ!」

「仮に世間様が神様と同じだとして、一体なんで神様が就職活動にまで首を突っ込んでくるのよ!」

「文句を言うなああああ!!現実は世間様のまごころの現れ。だから文句を言っちゃいけないんだ!」

「文句を言うなって・・・パパどうしちゃったの?だとしたら世間様なんて頭おかしいじゃない!こんなのが神様と同じだなんて、どうかしているわ」

(ガサガサ、タッタッタッタ)

「ほらみなさい、世間様がお怒りになられた!」

「どう考えても人間が走り去っていく音よ!警察に通報しないと!」

「いい加減にしろ!どれだけ世間様を愚弄すれば気が済むんだ!」

「不審者を通報することの何がいけないの!?」

「口を慎みなさい。世間様は簡単には許しちゃくれないぞ」

「だからその世間様ってのは何なのよ!」

「メアリー、きみにはまだ「和」の精神が足りていないようだ」

「だから「和」の精神って・・・」

「質問をするなああああ!!」


スポンサーサイト

嫉妬する女

「こんにちは」

「はい、こんにちは。本日はどうされましたか?」

「勤労意欲不足で」

「ああ、国民皆労働キャンペーンの対象者の方ですね。怠け癖を心身の不調にすり替えて会社を休んでいると」

「休んでいるのではなく無職です」

「無職?就職活動は?」

「していません。それで私の所に就労支援者を名乗る人たちがきまして、なぜ働かないのか、と。突然の訪問に加えいきなりこれですから私も少しカチンときまして、簡潔に「アホらしいから」と答えました。そしたら精神異常の疑いとかなんとか言って騒ぎ出しましてね、ここで更生するようにと」

「いや、しかし、今あなたは働いていないわけじゃないですか。ということはやはり何か問題があるわけでしょう」

「へ?」

「ですからね、私はあなたぐらいの年齢の方は余程のことがないかぎり働いているはずだと思う・・・いや、働いているはずなんですよ」

「私年齢言いましたっけ?」

「大体わかりますよ、30歳ぐらいでしょ」

「26です」

「まあそれはいいとして、大学はちゃんと出たんですか?」

「出ましたけど、その聞き方は失礼じゃありませんか?誰もが大学に入学するとは限らないわけで」

「さて本題に入りましょう。なんで働いていないのですか?」

「話を逸らさないでくださいよ」

「う~ん、あなたは協調性に欠けているのですね。これはカウンセリングですよ、議論じゃないのです」

「はあ」

「あなた焦りとかないんですか、働かないで。周りのみんなは働いてるでしょ・・・ははぁ、そうかそうか、納得しました。結婚ですね?」

「はあ?」

「結婚するから仕事を辞めたんでしょう」

「結婚するどころか恋人を探す気力もありません」

「なんてことだ・・・じゃあなんで働いていないのですか?」

「さあ」

「羨ましくないんですか?働いて、人様のお役に立って、お金を稼いで、恋愛をして、人生を謳歌している周りの人間たちが、羨ましくないんですか?」

「羨ましくはないですが凄いとは思います」

「ほらね!否定するということは、やはり嫉妬なんですよ!周りの人間に嫉妬しているから、それが深層意識で負のエネルギーに変わり、働けなくなっているのです」

「嫉妬じゃありません。嫉妬の原因は欲した対象を他人が手に入れたときに生じる不公平感だと思いますが、そもそもその対象を欲していなければ不公平感など生じようがありませんから」

「ほらまた否定!図星を突かれたから理屈をこねて誤魔化しているのでしょう」

「違うから違うと言ったのですが」

「いやね、お金を稼いで自立して、正しく生きている人たちに嫉妬しているのでしょう?自分もそうしたいのでしょう?」

「したくないから凄いと思うんですよ」

「ほら!またそうやって誤魔化す。本当は嫉妬しているのでしょう?」

「ですから、正しく生きるなんてことはどうでもよくて、こうしたことの価値を信じているのが凄いと思っているのです」

「それはね、逃げなんですよ」

「というと?」

「ご自分の嫉妬の醜さや現実の失敗から逃げているのです」

「・・・私は先生が私が嫉妬していると信じていることに配慮してその期待に沿う形で行為しなければならないのでしょうか」

「こころの問題に小難しい理屈はいりません。あなたは働いていない、みんながする当たり前のことをしていないのです。しかもそれに焦りも感じていない。あなたの人格に問題があるに決まっているのです」

「私は先生が私が先生が私が嫉妬していると信じていることに配慮しその期待に沿う形で行為するとの期待を修正すると期待しております」

「ん?ん?あなたねぇ、ふざけないでくださいよ!」

「ふざけているけど大真面目。遊んでいるけど大真面目。なぜなら全部フリだから。労働が楽しくないのに楽しんでいるフリをするのをみてその理由の考察を楽しむフリをする姿をみて楽しむフリをするのは難しいでしょうから、こうして働かないわけです」

「あのねぇ!労働は遊びじゃないんだ!義務なんだよ!」

「「義務」という概念の機能はフリ遊びの隠蔽及び畜生の餌」

「あなたはそうやって正しく生きている人たちをバカにして嫉妬から逃げているんですよ!」

「本当の理由は先生のような人間と関わりたくないから」

「いいかげんなことを言うな!どう考えてもね、あなたの人格に問題があるんだよ!」

「どうしてわかるんです?」

「こっちはプロだ!言動でわかるんだよ!」

「言動すなわちアウトプットはインプットがないと出てこない」

「なんだあ?」

「ご自分のアウトプットが他人にとってのインプットであることは考えないんですね」

「人のせいにするつもりか!」

「ご安心ください、もう諦めましたから。嫉妬してまーす、正しい行いをする人たちに嫉妬してまーす、正しい行いをしたくもないけど嫉妬してまーす、ついでに先生のこみゅにけーしょんのーりょくにも嫉妬してまーす、身に付けたくないけど嫉妬してまーす」

「ほらね!やっぱり嫉妬じゃないですか!最初から素直にそう言えばいいんですよ」


プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる