FC2ブログ

「義務」としてのストレス社会

「ねえねえ、知ってる?現代社会はストレス社会らしいよ」

「そうらしいですね。仕事や人間関係や環境の変化に絶えず悩まされ、結果的に生物としての許容量を超えたストレスを蓄積しているとか」

「人間も生物なのに、生物としての許容量を超えたストレスを我慢するんだ。変わってるね、なんでだろう」

「「義務」だからじゃないでしょうか。毎日決められた時間に会社や学校に行き、関わりたくもない人間と関わり、やりたくもないことをやって帰宅する。異動、クラス変え、進学による環境の変化に適応する。冷静に考えて、意味がわかりませんよね。この意味のわからなさを包み込んでくれるのが「義務」なのです。そしてこれが「義務」であるかのように、「義務」を果たすのは「善」であるかのように、行為し、発言し、計画を立てるのですね」

「この状況はよろしくないって身体からのメッセージより優先されるんだね」

「毒を括弧でくくって毎日飲んでいるわけです。身体が嫌だと言っているのに毒を飲むのですから、当然何かに命令されているのでしょうが、それがはっきりした形を伴ってくれないので、あたかも自分で選択して毒を飲んだかのように振る舞うのです」

「それをそれとして、それがそれであるかのように、それがそうであるかのように、かのように、でないかのように、でないかのように、でないかのように・・・・・・」

「そこに囚われると詰むように作られているのですよ。とはいえ、幾重もの括弧を律儀に飲み込むからストレスの許容量を超えるのでしょうけど」

「「現実」は現実以上に現実的である」

「うまくできすぎですよね、やることなすことに悉く括弧が用意されているのですから。まあ、命令の正当性を裏付けるようにしていけばこうなるのでしょうけど」

「何かに飼われているのにあたかも自分で自分を飼っているかのように」

「かのように、でないかのように、でないかのように、でないかのように・・・・・・という連鎖を断ち切った境地が「自律」と呼ばれるものですね」

「わざわざ「○畜」なんて言葉作る必要ないんだね」

「なんせ「義務」ですから」

「「義務」を果たさないと人類が滅ぶって言うけど、そうしているのはあくまでも当人だよ。それに仮に滅んだとして、それが何なのだろう。人間にこのまま生き続けてほしいのは、本当にそう思ってのことなのかな。動物が絶滅したり昔からあった商品が市場から消えたりするのは寂しいし、そう想像するのも寂しいけど、「人類に滅んでほしくない」と「ペヤングに消えてほしくない」との間には何か違いがあるのかな」

「身近な分だけペヤングに分があると思いますけどね。守るものが蛻ならその手段も蛻ということでしょうか」

「そうまでして「義務」を守りたいのかい」

「「義務」は我慢を要するから「義務」たりえるのであり、我慢を要したから「義務」であり続けねばならないのです」

「「義務」は義務だから「義務」なんじゃなくて救いの体裁を繕うために「義務」なんだね。それも偽りの救いだ」

「救いのない救いという意味では確かに偽りでしょうね。まあ、これは他の括弧にも当てはまることでしょうけど」

「我慢しなきゃいいのに」

「命令されている一方で自律しているのですから、我慢するしかないのです」

「フリのうえに我慢までさせるのかよ」

「念のため言っておきますけど、かのようにはフリとはまるで別物ですからね。そもそもフリは「現実」での行為です」

「我慢するしかないからストレス社会、ストレス社会だから「義務」、「義務」だから我慢しなければならない、「義務」としてのストレス社会。かのように、かのように、いや、いや、自律、自律。どうにかならんの」

「飲んだ括弧を吐き出すしか」

「う~ん」

「もっともっと」

「う~ん」

「もうひと踏ん張り」

「う~ん・・・・・・」

「あらら、死んでしまいましたか。あれに触れてさっさと死ぬか、「義務」の世界を生きてストレスになぶり殺されるか、まったくとんでもない隘路に嵌り込んだものです、はっはっは」


スポンサーサイト

厳しくする道しかない

「なんで他人に厳しくするのかって?いやね、あなた、これ質問の仕方が悪いですよ。私は当たり前のことを当たり前にしてくれないのは困ると、そう言ってるだけなんです。別に厳しくしたくて厳しくしているわけじゃない、ただみんなが社会に対する義務を果たすべきだと、当たり前のことを当たり前に言っているだけなんですよ」

「社会に対する義務とは何かって?そりゃあね、まず第一に労働、これは基本ですね。ちゃんと働いて社会に貢献すると、社会に育ててもらった恩を返すと。第二にきちんと家庭を持って子供をつくる、そして立派に育てると。まあ、この二つでしょうな」

「それがし辛くなってるから厳しくするのはどうかって?あ~あ、ダメですよ、そうやって社会のせいにしちゃ。社会に文句を言ってても現実は何も変わりません、そしたらいつまで経っても義務を果たすことなんてできませんよ。うまくいかないのは自分の努力が足りないから、ね。それなのに社会のせいにする人間が増えて、この国がどんどんダメになってるのはここに原因があるでしょうね」

「このままじゃ状況は好転しないから支援したらどうかって?あなたね、それじゃろくでもない連中の思う壺だってことがわからないの!?はぁ~、勉強が全然足りてないね。連中を甘やかしたらどうなります?たとえば若者ね、こいつらを甘やかしたら楽してサボろうとします。外国人なんかはどうです?隠れて悪さをしようとしますね。そういうことなんですよ」

「厳しくすると選択肢がなくなって追い込まれるてしまうって?はぁ~、あなた、責任とれます?たとえば甘やかされた犯罪者が、ね、若い女性を強姦して殺すと。ねえ、責任とれますか?想像してくださいよ、ご自分の娘さんが被害にあったときのことを。それでも甘やかしますか!?何かやらかす奴が一人でも出たらいけませんからね?当然でしょう、怠け心や悪意ってのはどんどん伝染するんですよ。一人ダメなのが出たらね、どんどんどんどんみんなダメになっていくんです」

「そんなこと言ったら厳しくする以外になくなるって?いや、ですからそう言ってるじゃないですか。別に厳しくしたくて厳しくしているわけじゃないと。厳しくするしかないから厳しくしようと、そう言ってるわけです。これなんかニュースをみればすぐにわかることでしょう。いい加減な学生の増加、凶暴な若者の増加、凶悪犯罪の増加、外国人勢力の侵略、あとは女性の堕落なんかもですね、全てこういう連中を過度に甘やかしてきた結果なんですよ。みましたか、先日も奨学金を返済せず自己破産する若者がニュースになっていました。もうね、目を疑いましたよ、ここまできてしまったのかと。連中は社会のみなさんに助けていただいたことを全く理解していないのでしょう。助けていただいたのだから、真っ当な仕事をして、きちんと利子をつけて返すと。これが当たり前のことです」

「借金を返せる仕事がなくなってきてるって?そんなはずありません、まじめに探せばちゃんとした仕事はみつかりますよ。それにね、仮にそうだったとして、それじゃあ返済を免除にしようと、これ、できますか?ねえ?そんなことして若い連中がますます社会に対する義務を果たさなくなったら、あなた責任とれますか?みんなの大切なお金がいい加減に使われるようになったら、あなた責任とれるんですか?連中はね、きっとみんなの善意にタダ乗りしてきますよ、そうなったらあなた、責任とれるんですか!?」

「労働需要の問題だから仕方ないって?だから、そうやって社会のせいにしてちゃ何も変わらないんですよ!連中はね、どうせ他人の金だと思って適当に使ったんだ!学校にもきちんと通わず、遊びを優先し、夢がどうとかいってフリーターになったんです。頑張って資格をとって、ちゃんと成長してまじめに仕事を探せばね、必ず良い仕事がいただけるんですよ」

「はい、これでわかったでしょう。連中を甘やかしすぎたからこの国はダメになった、だから厳しくしてね、きちんと当たり前のことを当たり前にできるようにしましょうと、そういうことです。ん、なんだぁ?あんた、その眼は!はぁ~、ほらね、甘やかされると他人に対する敬意も払えなくなるんですよ。それでも甘やかし続けたらどうなります?悪に染まりますね。放っておいたらどうなります?どんどん悪党が増えて、どんどん社会を恨み、どんどんテロリストやスパイになりますよ!だからきちんと目を光らせてね、厳しく指導してかなきゃいけない。これが私の使命ですね」


綺麗事シンドローム

「Aさ~ん」

「なに?」

「共感くんからききましたよ。悩み、あるんですって?」

「はあ?」

「も~、ダメじゃないですか!そういうの、顔に出ちゃいますよ!」

「はあ?」

「こんちはー」

「共感くん!」

「ああ、ちょうどいいところにきた。共感くん、私に悩みがあるって、どういうこと?」

「あれ、参ったな~。ポジティブちゃん、喋っちゃったのか~。いやね、この前Aさんがインターネットに投稿してるの見ちゃったんですよ。「見た目悪いし恋愛諦めたわ」って。も~、真剣に悩んでるなら僕に相談してくださいよ~」

「お前なに盗み見してんだ?」

「Aさ~ん、心を綺麗にすればいいんですよ!私の友達にもそれでモテまくってる人いますから!」

「心を綺麗にするってなに?というかお前は何の話してんの?」

「何事も前向き前向き!ですよ~」

「はあ?」

「心を綺麗にすればいい人みつかりますよ~」

「いい人みつけたいなんて一言も言ってねーよ」

「心を綺麗にすればモテますよ~」

「だからモテたいなんて一言も言ってねーよ。てか暗にダメなのはお前の心が汚いからって言ってない?」

「も~!そうやってひねくれてるからいい人に出会うチャンスが逃げちゃうんですよ!」

「だから・・・」

「待ってポジティブちゃん。Aさんはね、傷ついてるんだ」

「それどっから出てきた?」

「傷ついてるから攻撃的になってるんだよ」

「なんにせよ原因は「Aの心」にあるわけ?」

「Aさん、僕はAさんを受け入れる。大丈夫、心の傷はちょっとずつ良くなるから」

「傷ついてるなんて一言も言ってねーよ」

「も~!じゃあなんで話したんですか!?」

「話したのはこいつだ!盗み見したこいつだ!」

「わかります。Aさんは慰めてほしかったんですね」

「勝手に「意図」を読み込むな」

「じゃあなんで書き込んだんですか!?」

「私が求めたのは同じような人間の共感なり助言なりであって、お前らの綺麗事じゃないんだよ。勝手に一見前向きな、問題解決まがいの話にしやがって、それもクソの役にも立ちゃしない」

「ちょっと!本気で心配してるのになんてこと言うんですか!心が汚いですよ!」

「訳のわかんねーことを次々と「事実」にされたら誰だってムカつくよなぁ!?」

「まあまあAさん、全か無かはやめましょうよ。ね?人間はね、考え方を変えられるんです。だからきっと理解し合える部分も出てきますよ」

「誤魔化すなよ。お前ら、自分の考え方を変える気なんざサラサラ無いだろうが。そういう奴の「理解し合える部分も出てくる」ってのはな、「こっちに合わせろ」って意味なんだよ」

「共感くんはそんなこと言ってないじゃないですか!どうしてそんなひねくれた考え方しかできないんですか!?」

「いいか、今のお前の発言の後半部分はな、「自分の考え方は真っ直ぐで善い」って確信があるから成立すんだよ。善いものなんだから、変える必要、無いだろ?つまりそういうことだよ」

「も~!心が汚いから悪いように受け取るんですよ!」

「人の心のせいにすんな」

「Aさん、人間は自分の考え方を変えられるんです。大丈夫、Aさんもきっと変われますよ」

「だから人の心のせいにすんな。というか、やっぱ変わるのは私の方なんだな」

「自分を変える可能性を信じられないなんて・・・私、悲しい」

「可能性を信じられないなんて言ってねーよ。私はお前らの謳う綺麗事を信じてないの。わかる?「自分の考え方を変える」を信じてないんじゃなくて、「ポジティブちゃんと共感くんの発した「自分の考え方を変える」」を信じてないの。「聞こえの良い言葉に引きこもってる連中の「自分の考え方を変える」」を信じてないの」

「うっ・・・うっ・・・なんて凶暴な人なんだ」

「だからさり気なく人のせいにすんじゃねーよ。「真剣な悩み」にトンチンカンな応答され続けたら、誰だってムカつくよなぁ?」

「うっ・・・うっ・・・Aさん、ごめんなさい、気付いてあげられなくて」

「はあ?」

「Aさんは寂しかったんだね。それでこんな凶暴になって・・・」

「だから人のせいに・・・」

「Aさ~ん!それならもっと早く言ってくれればよかったのに!うん!人間はね、お互い支え合って生きていくものなんですよ!」

「Aさん、もう大丈夫、心の傷はちょっとずつ良くなるから」

「・・・・・・」

一同「はっはっは」


プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる