「友達」とは何か

憂鬱な気分が続く時、中学高校の頃の記憶がごちゃ混ぜになった夢をよくみる。部活動、ちょっとした対立、他愛もない会話・・・・・・日常。笑えば笑うほど、困難を乗り越えれば乗り越えるほど、憂鬱になっていったのを思い出す。たまたま身を置くことになった環境と合うかどうか、物事がうまいこといくかどうか、こんな運任せの綱渡りを独りでずっと続けていかなければならない。受験、テスト、入社試験、競争を繰り返して、「同じレベル」の人間同士集まって、その中でまた関係を構築していって・・・・・・。

自分に友達はいたのだろうか、とふと思うことがある。うん、確かにいた(と思う)。友達になってくれた人たちに失礼だからあらかじめ断っておくが、私は「みんな友達ではなかったのでは?」とか「今は付き合いもないのだから本当の友達ではなかったのでは?」などと思っているわけではない。友達は確かに友達だ、しかしこの世界の友達は「友達」になってしまう(させられてしまう)、というだけの話である。

「友達」とは何か?もっと言うと、孤立して生きることを強いられている個体同士の間に成立する「友達」という関係とは何か?そうなのだ。一生の友達でずっと付き合いがあると言っても、実は気が合うといった条件以上に「互いに運良くうまくいっている」ことが必要なのである。たとえばどちらかが経済的に困窮したとしても、深く頼ることはできない、助けることはできない、話をきいて「頑張るしかない」と励ますしかない。それでうまいこと復活できればいいが、できないとズルズル困難にはまり、忙殺され、転落し、少しずつ疎遠になってしまう。「友達」とは互いの小市民的生活の成功・安定の上に成立する関係である。

仮に頼ることができたとしても、それは一時的にならざるをえない。なぜなら手を貸す方は「ずっと続けても相手のためにならない」と思うし、頼る方も「相手に迷惑はかけられない」と思うから。お互いになんだかなぁと感じてはいても、何かが邪魔をする。システムの掟が既に関係の中に浸透しているのである。「自立」「自分で稼いで生きる」というイメージ、「自分の人生なんだから自分で何とかする」というルール、そうしたシステムの命令に互いにうまく従えている状態(問題化して表に出てこない状態)があってはじめて「友達」が成立する。私たちは深刻な問題を「ないこと」にして背景に退かせることで「友達」を成立させており、だからいざそれが表に出てくるとギョッとして、困惑しながら「最後は自分で頑張るしかないね」などと「そこから離れる」ことを考える。システムに屈し、目の前の「友達」よりシステムを優先させる。というよりはじめからシステムを優先させていたことが顕在化する、と言った方が正確か。

「友達」とは何か?相手がどんなに追い詰められていたとしても、いやむしろ追い詰められていればいるほど、私たちは何もできない。システムに従い没入すると、「助けたい」という気持ちより「こいつと深く関わったらこっちまで沈んでしまう」「手を貸したら結局相手のためにならない」といった気持ちの方が強くなる。そしてそれはやむをえない判断・もっともな判断だと認めてもらえる、自分の力で解決できなかった相手が悪いのだからと正当化してもらえる、なにより「現実」がその正しさを保証してくれる。しかし相手が深刻な状況に陥れば陥るほど助けることができなくなる「友達」とは、一体何なのか。相手も空気を読んで迷惑をかけまいと去っていき、孤独に困難に立ち向かう。困窮した?なら頑張って働くしかない。病気になった?なら頑張って克服するしかない。偏差値が足りない?なら頑張って勉強するしかない。もういやだ勉強したくない会社にいきたくない働きたくない?でも頑張って生きるしかない。みんなそうだから、自分もそうだから、頑張ろう。システム内の序列・生活水準・生死に直結する部分ほど、私たちは互いに触れることができないのである。

そんな世界における「友達」とは何か?損得計算や合理的思考、つまらない小市民的価値観、ささやかな小市民的生活の安定・・・・・・システムへの服従の上に築かれる「友達」という関係は何か?人間の本性の発露?まさか。「本音」を語り合えることが友情の証だとか、カミングアウトできることが信頼の証だとか、深刻な問題を「ないこと」にしてどうでもいいことを「重要問題」にして、そうやって制度化された関係が本性だなんて・・・・・・。互いの生活に干渉しないというと洗練されていて都会的進歩的に聞こえるが、そもそも私たちは深刻な場合ほど関わることを「しない」のではなく「できない」のである。

かつて「親友」と紹介された時、私は妙な感覚を覚えた。嬉しさよりも切なさの方が大きかったのである。そうか、友達の中でも「親友」なんだ、ずっと一緒にいたもんな。けど、互いの関係が「親友」になったところで、共に生きていけるわけではない。結局はシステムに屈せざるを得ない。どんな絆があったとしても、システムに立ち向かえるわけではない。二重の屈辱。相手が窮地に陥っても「相手のためを考えたら」助けることはできない。逆にこっちも助けてはもらえない、いざとなったら一人で何とかするしかない。二重の寂しさ。互いの小市民的生活を称え、ヘラヘラ笑い合う関係。相手が困った時ほど手を引っ込めねばならない関係。紙切れ如きに断ち切られる関係。この世界における「友達」とは、一体何なのだろうか?


スポンサーサイト

就職活動

雨の日の街を早足で歩く
無駄に暑苦しいだけの服、履き心地の悪い靴、詰め込まれた資料で重い鞄
そもそもこんな日に外出なんてしたくないのに
興味の無い話を聞いて、どうでもいいことをメモに取って
情熱的な求愛、全人格的競争
「雇用のイスを私にください!」
たくさん時間を使って、頭をグルグル回転させて、愛の言葉を練り上げる
ヒトとして成長するための創作活動
ナゼこの仕事がしたいのか?
根拠を挙げて論理的に説明!エピソードを交えてわかりやすく!
でも働かないと終わりなんだ、将来的にも、金銭的にも、世間的にも
そして何よりプライド的にも

歩き回って疲れ切った身体
創作活動が捗らず、ノートを叩きつけた

エー、本日はですね、同じ大学の先輩後輩ということで
お互いリラックスしてざっくばらんにお話ができればと思います
あの~、下請けイジメとかって本当にあるんですか?
(就活生たち笑う)
う~ん、今は悪い話ほど簡単に広まっちゃうから、ねぇ、ムリでしょ?
ただの噂でもこういう風になってしまうんだから、現実にやったら大変ですよ
(みんなで笑う)
ハハハ、まぁ確かに一昔前はそう言われてしまうようなことがあったのかもしれないけど
今の時代はそれじゃ生き残れませんからね
お互い協力して、対等なwin-winの関係を築いていかなければならない
今なんてむしろ私共が頭を下げてお願いすることの方が・・・・・・
(みんなで笑う)

貴重なお話を聞かせていただいても「○○の仕事がしたい」なんて欲求生まれなかった
人生のどこを探しても「○○の仕事がしたい」なんて欲求みつからなかった
知りたいことなんて何一つないのに
「質問しなければならない」から質問を創らなければならないのは苦痛だった

はぁ~、君ねぇ、志望動機もうまく答えられないどころか
この時期になって行きたい業界も実は決まってないって
要するに軸が定まってないってことでしょ?
相当遅れてるよ、君、それでよく面接来る気になったね?
アルバイトの経験とかないの?なに論文?お勉強のことなんて今はいいよ
けどまぁ、探してみればどんな仕事だってあるからね
掃除の仕事とか、地味だけど安定してるんじゃない?

ナゼこの仕事がしたいのか?なんてどうでもよかった
なぜこうまでして仕事をしなければならないのか?
なぜただ生きるためにこんなことをしなければならないのか?

教え子をみているとね、優秀な人ほどやれと言われたらとにかくやるんだよ
やらなければいけないことをちゃんとやる、そしてきちんと結果を出す
余計なことなんていちいち考えないんだよね
今の社会の在り方みたいなものに疑問を抱くとか
そういうのはとっくに自分の中で解決できてなきゃおかしいでしょ
君がそんな風に疑問を抱くのは、失敗してるからだよ
まぁどうしてもやめるなら止めないけどね、君の意志を尊重しますよ

布団を口に当てて思い切り叫んだ
音が外に漏れて苦情がきた

ちょっと嫌な事があったぐらいで働きたくないって、ダメだぁ!
社会に出たら、おめぇ、自分から笑われに行くぐらいにならねぇとやっていけねぇよ!
命令できる人間と命令に従える人間
それ以外は使えない人間だって、偉い人も言ってたよ
大学出て働かないとか、みんな思うよ、なんでだろう?って
世間に頭狂ってると思われて当然だよ

全てが滑稽だった、しかし全てが大真面目に遂行されていた
これからもずっと、何年も何十年も、こんなことが続く
生きるために、我慢する
そう、働かないと終わりだ
働かないと終わりなんだ・・・・・・

視界が揺れて定まらなくなった
手足を動かしているというより、意志と無関係にただバタついているだけ
身体のあちこちがぶつかっているようだけど、痛みは感じない
そんなことはどうでもよかった
視界がグラグラしていても、手足の感覚がなくなっても
高い所に向かっていることがわかれば他はどうでもよかった


春の街

特に理由もなく全てが嫌になる時がある
けど特に理由もなく全てが楽しくなる時はない
特に理由もなく全てが嫌になる時と
特に理由もないから全てが楽しくはない時だけがある
今日も平常運転、期待値はマイナス

ここにいたら身体が押し潰されてしまうから
全てから逃げなければならない、と街へ飛び出したんだ
桜の花は宴会の口実になって散った
線路の横を歩いていたら向こうから電車が来たので
脱線してこっちに突っ込んでくれれば文字通り「あ」と言う間に楽になれるのにと思った

いらっしゃーい!いらっしゃーい!満面の笑みで男が叫んでいる
アラ○○さん、またきてくださったんですか!?満面の笑みで女が誘っている
自然食品の販売所では千円で買えそうなモノが一万円で売れている、ちゃちなオマケ付き
健康商品の販売所では何だかわからないモノが三十万円で売れている、ケチなオマケ付き
買い物上手の老人たち、立派に勤め上げた成れの果て。でもみんなが望んだ世界なんだ

空室だらけのアパートの隣に
新しいアパートが建設されていた
そこから何kmも離れていない所にあるネットカフェには
今日も難民が寝泊まりするのだろう
でもみんなが望んだ世界なんだ

踏まれて汚れたコンビニの袋にはパスタサラダとおにぎりの残骸
歓楽街に漂う悪臭、アルコール臭い笑いの残響、油臭い背広の残像
この街で飢えた者は、目の前の干乾びた吐瀉物にさえ及ばなかった
でもみんなが望んだ世界、なんだろう?
捨てられたイスの足がクネクネ動き、カラスがやってきた

あったはずの道は歪に入り組み欲望のアリの巣
時間は紙切れと一緒にアスファルトに溶けて
手段はこの街の胃袋に収まった
誰がトクして誰がソンした
みんなが望んだ世界なのに、また損得計算責任転嫁の抜け道ができる

何もしていないと、苦しみをごちゃ混ぜにできないんだ
何かしていると、苦しみをごちゃ混ぜにできるんだ
何かさせられていると、苦しみをごちゃ混ぜにして、全部何かのせいにできるんだ
みんなが望んだ世界、息をするだけで苦しくなる世界
だからみんな今日も歩く歩く、ごちゃ混ぜにする代わりに、どんどん大きくしながら

何気なく足をとめたら、足のすぐ横に花があった
能力の無い者はこうやって運よく罪を免れるしかないのだと思った
何気なく足を動かしたら、虫を踏んで殺してしまった
能力の無い者は罪を犯す運命から逃れられないのだと思った
罪が春の風と共に記憶に刻まれた罪を連れてくる

代償転換自己防衛無知愉悦メンツお付き合い、息が苦しい
想起する、自分がされたこと。心理的帳尻合わせ、卑しい心性
ならいっそ裁かれたいと思う
利己的な被制裁願望、卑しい心性
罪が罪を連れてくる、奇っ怪な街での滑稽な毎日

結局、過去から今に続き未来へと延びていく罪から逃げられない
今の特に理由もない苦しみから逃げられない
みんなが望む未来の世界から逃げられない
全てが嫌になったところで、全てから逃げられない
街に飛び出しても、わかりきった事実がまたわかってしまうだけだった


かつて、日常は確かに生きていた

また明日がやってくる。どうしようもない事実を無視できなくなって嫌気がさす深夜午前2時。部屋に瀰漫した日常を気持ちのうえだけでも外に出そうと、窓をあけた。遠くに街がみえた。建物の輪郭、生活の残光、微かなヒトの気配、街の鳴く声・・・・・・。終末、とまではいかないが、何かが起こるのではないか、そんな予感を抱かせてくれる、不思議な感覚。「あ・・・・・・」赤い光、今みえているそれはきっと幻覚なのだろう、しかしかつて、確かに「そこ」に浮かんでいた。夜の闇に浮かぶ赤い光。

幼い子供は「そこ」には何かがあると信じた。「そこ」に行けば何かが起こると信じた。特に理由があったわけではない、ただそう信じずにはいられなかったから、そう感じずにはいられなかったから、あるがままに信じ、感じた。居ても立ってもいられなくなって、親に車で連れて行ってくれと頼んだ。断られたことで子供の確信は深まった。「そこ」にはきっと何か凄いものがあるに違いない、けどこれは気づいてはいけないことのようだ、ならこっそり、秘密にしたまま辿り着かなければならない。

翌日の昼食後、「そこ」を目指して出発した。とはいえ子供が徒歩で移動できる範囲など高が知れている。「そこ」に辿り着くことはできず、夕闇に怯えながら、逃げるように走って家に帰った。失敗だとは思わなかった。がっかりもしなかった。無事に帰れてホッとした、また明日があると思った。明日が楽しみだった。明日がくると嬉しかった。麦茶を入れた水筒を首から下げた、お菓子の袋をポケットに詰め込んだ。「補給」の工夫をしてみても、結果はあまり変わらなかった。

何度同じように失敗しても、いつも同じようにワクワクしていた。明日はあの道を行ってみようか、もう「そこ」なんて目指していなかったのかもしれない。今日こそは絶対に辿り着くんだ、そう確かに「そこ」を目指していた。何度やっても同じだ、なんて考えもしなかった。同じ道を同じように歩くことは、全然同じことではなかったから。色々な生き物がいた、小川や小道を発見した。当然ずっと存在していたはずの川も道も、突然現れたとしか思えなかったし、そのことにも何か大きな意味があるに違いないと思った。これだけやって無理なのだから、なんて考えもしなかった。成功とか失敗とか、「そこ」に辿り着くことができるかとか、そんなことはどうでもよかったから。

わざわざ見出すまでもなく、どんな出来事にも意味が溢れていた。教えられるまでもなく、与えられるまでもなく、目を向けた所に神様がいた。「そこ」が鉄塔であることを知ったのは、ずっと後になってだった。

夜の闇に浮かぶ赤い光は鉄塔、厳かに封鎖された洞窟には鉄扉
「向こう側」が垣間見えるボロボロの木の門
不自然に音の無いさびれた世界に佇む褪せた鳥居
一面に広がる水田、はるか彼方にうっすら聳える山々
そこには何かがある
そこに行けば何かが起こる
その先には何かが・・・・・・

我に返ると街がみえた。赤い光はやはりなかった。目には涙が溢れていた。全身の力が抜けて膝から崩れ落ちた。「うわあああああ!!」と叫び出すのを堪えようと必死で頭を抱えてぎゅっと丸くなった。そして声を殺して泣いた。また明日がやってくる、明日も明後日も十年後も二十年後も、また明日がやってくる、もう明日がやってきて・・・・・・。

かつて、日常は確かに生きていた。


応援メッセージ

「勇気を与える市民の声が届きました!エー、先日放送いたしました『就労支援』の最前線に登場したタカシ君、彼の衝撃的な言動をみた大勢の視聴者のみなさんがですね、いてもたってもいられなくなったのでしょう、なんと1000を超える応援メッセージが当番組宛てに寄せられました!」

「ハイ、こちらですね、本当にたくさんの方々がタカシ君を激励しようとメッセージを送ってくださいました。中には非常に厳しい内容のものもありましたが、文面からは何とかタカシ君に立ち直ってもらいたい、そんな気持ちが伝わってきて私も胸が一杯になってしまいました!本当は一つ一つ丁寧に紹介させていただきたいのですが、時間の都合上申し訳ございません、4つだけを、タカシ君の心に届くことを願って、紹介させていただきます」

まず初めにこれだけは言わせてください、タカシ君のお父さん、お母さん、あなたたち二人は何も悪くない!どんな事情があろうと人間はみな20歳を超えたら100%自己責任であります。タカシ君を27歳まで育てられたお父さんとお母さんに一体どんな責任がありましょうか。いつまでもフラフラして社会に文句を言うだけの27歳、私だったらとっくに家から追い出しているでしょう。しかしお二人は諦めることなく息子の更生を願い、暴れるタカシ君を「社会」に連れてきました。その姿をみた私は感動して涙を流さずにはいられませんでした。そこに至るまで、きっと大変な苦労をなされたことでしょう。タカシ君は社会経験が無いから、そうした人の苦労を考えることができないのでしょうが、いつか必ず有り難いと感謝するようになります。甘えるなタカシ!その年まで絵を描き続けることができたのは、一体誰のおかげだ!「社会」でしっかり心を入れ替え、素晴らしいお父さんとお母さんに恩返しできる真っ当な人間になりなさい!(50代男性)


「ええ、本当にタカシ君には他人の気持ちや苦しみがわかる人になってもらいたいですねー」

私には弟がいましたが、きちんと働かなかったことが原因でタカシ君と同じような妄想に囚われてしまいました。私たち家族が何か言うたびに興奮して喚き散らすようになって、諍いが絶えなくなり、ある日突然自殺しました。残された家族は「教育が足りなかったのではないか。もっとできることがあったのではないか」と今でも自分たちを責め続けています。テレビ画面で暴れるタカシ君の姿をみて、誰も口にはしませんでしたが、きっとみんな弟のことを考えたのだと思います。弟が「社会」と出会えていたら、私たちが無理やりにでも「社会」に連れていっていたら、社会に復帰できていたのではないか?気づけば家族全員が泣いていました。タカシ君、あなたはそのまま無為に時を過ごして、将来どうやって食べていくつもりなのでしょうか?少なくとも弟は人様が汗水たらして働いて納めた税金にタカることより、死ぬことを選びました。弟は社会に何一つ貢献していませんでしたが、私は福祉より死を選んだ弟を誇りに思います。弟は人間として死にました、文明を捨てた獣と化してしまう前に・・・・・・。タカシ君もそれくらいの覚悟をもって、弟の分までしっかり人生を全うしてほしいと思います。(20代女性)


「働かないことがいかに危険なことであるか、悲しい経験をされた方がつらい気持ちに耐えて話してくださいました。タカシ君の姿が弟さんと重なり、ちゃんと生きなさい!と言わずにはいられなかったのでしょうねー」

激しく暴れ回った、かと思えば意味不明な妄想を自信満々に語り出すタカシ君をみて、正直自分の子供がああならなくてよかったとホッとしてしまいました。厳しいことを言うようですが、27にもなって社会に文句を言っているようでは、どこで何をしても通用しません。社会から逃げ続けたタカシ君は自分が正しいと思い込んでいるようですが、現実の社会をみればすぐに間違いに気づくはずです。みんながタカシ君のように文句ばかり言うようになったら、社会は回らなくなってすぐに崩壊してしまいます。だからみんな文句を言わず、自分がやるべきことを一生懸命やっている。そうやって維持されている社会に生かされている自覚が少しでもあれば、「クソシゴト」などの無礼極まる一連の発言は恥ずかしくてできないはずです。自分は富の生産に貢献していないくせに働くことをバカにして、それを正しいことだ賢いことだと思っている。そんなタカシ君のような若者が増えてマジメに働かなくなってしまったことがこの国の衰退を招いているのです。施設で更生し、まずは働く人に敬意を持てる人間になってください。また、国は彼のような憐れな人間をこれ以上増やさないためにも、抜本的な対策を取るべきだと思います。(40代女性)


「一人ひとりが一生懸命働くことでこの社会が維持できている、この当たり前の事実を改めて心に刻みましょう。そしてこの国の未来のためにも、何としてでもタカシ君を救わねばなりませんねー」

テレビに映るタカシ君をみて、ボクは友人のことが心配になりました。ボクの友人も就労支援プログラムを利用していますが、タカシ君のように変な思想に染まったりはしていません。働く人にきちんと感謝し、みんなと同じように社会貢献できないことに悩み、常に自分を責めながら、それでも生活保護だけは嫌だと言って必死に頑張っています。タカシ君のような特殊なケースが報道されてしまうことで、マジメに取り組む人にまで誤解と偏見が及び、不当に差別されてしまうのではないか。そうした人たちのことを考えもせず、訳知り顔で自分勝手な理屈を並べるばかりのタカシ君には怒りと不快感しかありません。それでもタカシ君のお父さんとお母さん、そして支援者の方々は君を助けようと頑張っています。タカシ君は絶対に期待に応えなければなりません。自分を一から見つめ直してください、どんな仕事でもおカネをいただくいじょう感謝の気持ちを持って取り組めるようになってください、最高のお父さんお母さんと素晴らしい支援者さんに恵まれたことに気づいてください。タカシ君が本当の意味で社会復帰する日がくることを願っています。(20代男性)


「いやぁ、心温まる応援の声でした!きっとその一つ一つ、一文字一文字がタカシ君の勇気に変わることでしょう。我々もですね、取材を続けることでタカシ君の社会復帰を見守り、応援し続けていきたいと思います!がんばれ、タカシ!」


プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる