FC2ブログ

ようこそ、人生へ

死んだら全てが終わるのだ。死んだら楽になれるのだ。死んだら救済されるのだ。死んだら・・・死んだら・・・死んだら・・・。そう信じて死んだはずなのに、なぜか意識が残っている。それもはっきりと。

ようこそ、人生へ

何かがやってくる。カエルのようでもあるが、全体としてはタヌキと言うべきか、いや、二足歩行をしているし、なにより今の声の主はおそらくこいつなのだから、もしかすると人間なのかもしれない。

こいつは、一体、なんなのか

ニヤニヤとタヌキが言った。心が読めるのか。それともこの状況ではそれ以外の思考があるわけなかろう、ということか。

問題はそこじゃないですよ。まっ、人間誰しも気が動転したら、瑣末なことに気を向けるもので。死んだら全てが消滅する、そう信じてきたのに、現実がこれでは私の正体なんぞを気にしたくもなる

そうだ、私は死んだはずだった。死んで楽になったはずだ。なのになんだこれは。やけにのどかな風景。死んだはずの私が、一体どこにきたというのか。

ようこそ、人生へ、と、さきほど申し上げたはずですが・・・

訳がわからない。人生を終えたはずの私が、ようこそなどと言われる筋合いは無いはずだ。

はは~、あなたもよくいるタイプのようで。あちらで死ねば人生が終わる、と。なら簡単でしょう、それが単なる思い込みにすぎなかった、それだけの話です。死んだぐらいで人生を終えることができるなんて、一体誰が決めたのですか。実際はこれ、現実はこれなのです。あなた方が「死」と呼んで人生の終わりと位置付けているものは、本当の人生のはじまりにすぎない

「死」が人生の終わりというのは私たちの勘違いだった、なんてそんなバカな・・・。だが、そう考えないと今の状況が説明できないのも事実・・・というか、それでは一体何をすれば人生は終わるのだ?

良い着眼点ですね

タヌキは意味ありげにニヤリと笑った。

あちらでの人生は、あなた方の言葉を借りれば「進路選択」でしょうか。こちらで送る本当の人生を決めるための仮の人生

タヌキは大きな口をあけてまたニヤリと笑った。

何も考えずに決めた進路が破滅へと続くように、本当の人生を考えずに送った仮の人生もまた・・・おっと失礼。とりあえず私についてきてください。少し歩けば本当の人生についてわかってきますよ

言われた通りタヌキについていっても、一向に話がみえてこない。本当の人生とやらは何なのか。ただのどかな風景が続いている。地面をのたうつ無数の人間たちを除けば、いたって普通だ。そうだ、この人間たちはなんだ。一体どこからきた。いつからいた。なぜみんな苦しんでいるのだ。

ようやく気付きましたか、本当の人生を生きる幸福な人間たちに

幸福?私にはみんな苦しんでいるように見える・・・。

さあ。しかし、人間たちがみなこの状態を望んだのですから、やはり幸福ということになりはしませんかね

望んだ?そんな・・・。

人間たちは勝手な思い込みに従って仮の人生を好き放題に送り、その勘違いを放置しております。しかし、その中にも人生の真理をついた稀有なものが2つだけある。「行為した結果の責任をとらねばならない」と「人生は精一杯生きるべき」ですね。これらはまぎれもなく人生の真理。本当の人生もまたこの真理に則って送らねばならない。人間は「責任を持って生きたい」「人生を精一杯生きたい」と願っているようですから、本当の人生で願いが叶い、幸福でないはずないのでは

何万年も叫び続けたためか、声を失った者たちがいる。目を焼き潰されたうえに全身も焼けただれ、方向感もなく這っている者たちがいる。虚ろな目で唾液を垂れ流しながら、自らの足に杭を打ち付けている者たちがいる。互いの腹を抉り合い、互いの内臓をなめ合っている者たちがいる。よくみると、種々様々な人間たちが種々様々な行為に没頭?しながら群がっている。この人たちはみんな本当の、幸福な人生を送っているということなのか。

おお!これはなんと素晴らしい眺め!まさに絶景!絶景だ!

絶景だ!
絶景だ!

キツネの顔をしたクマたちがどこからかやってきて、なにやら叫んでいる。こいつらも二足歩行をしているし、なにより言語を使っているのだから、もしかすると人間なのかもしれない。

声を失った者たち!奴らは信仰の創始とその再生産を行ったのだ!神!宗教!救い!国家!民族!ありとあらゆる嘘・偽りを善として弄し、狂信という名の災厄を生みだした!死後永遠に名を残したいというちんけな欲に絡みとられ、殺戮と破壊と暴力そして終わりなき悲鳴をもたらしたのだ!

大罪だ!大罪だ!望み通り、精一杯責任を取るがいい!

目を焼かれた者たち!奴らは太陽への憧れを善とし、奨励したのだ!他人という名の太陽、太陽という名の他人、目を向ければたちどころに目が焼かれる!にも関わらず!奴らは太陽に触れることをも善としたのだ!全身が焼けただれぬわけがない!

大罪だ!大罪だ!望み通り、精一杯責任を取るがいい!

自らに杭を打つ者たち!奴らは希望を善とし、希望を謳った!希望にすがる者は希望を嘘と知るがゆえに希望を売らねばならない!希望を失った者は自らを正当化するがゆえに希望を売らねばならない!希望を叶えた者はその渇きを潤わせねばならないがゆえに希望を売らねばならない!希望が激痛の渦へと引きずり込む呪いと知っているにも関わらず!奴らは希望を売り捌いたのだ!

大罪だ!大罪だ!望み通り、精一杯責任を取るがいい!

内臓をなめ合う者たち!奴らは愛を伝えたのだ!憎しみと痛みを隠すための嘘を、善として伝えたのだ!憎しみと痛みが無ければ存在する必要さえないものを!奴らは互いの腹を抉り合い、内臓をなめ合ってまで作り出したのだ!本性を語って愉悦を得たいがために、途方も無い憎しみと痛みをまき散らした!

大罪だ!大罪だ!望み通り、精一杯責任を取るがいい!

クマたちは一通り叫び終えると、満足したのかさっさとどこかへ行ってしまった。

あのクマたちは私の助手です。ああやってよく叫んでいますが、仕事はよくやってくれています

助手?あのクマたちの手を借りる仕事・・・このタヌキは一体何をしているのだ。何者なのだ。私に何をさせようというのだ。

ここに来るまでにわかったはずですよ。仮の人生はまさに仮初め。仮初めの人生は仮初めだからこそ嘘・偽りが許されるのです。が、本当の人生ではもう許されない。自分のための嘘・偽りが結果として大きな苦しみをもたらしたのなら、当然責任を取らねばならない

まさか!まさか!
死を当てにしていたなどということは、あるまい!
死ねば無条件で解放される、などと考えていたのでは、あるまい!

どこからともなくクマたちが集まってきた。

嘘・偽りにすがる者は、他人を引きずり込まずにはいられない。その他人もまた別の誰かを引きずりこむ・・・。あなたもこの輪転に加担した。ゆえに、あなたの行為が生んだあるいはこれから生む他人の知覚が、全人類の痛み、苦しみ、憎しみが、全てあなたに流れ込む。どうしました、顔色があまりよろしくない。良いじゃありませんか、だって善行でしょう。顔色を悪くせねばならない知覚など、無いはずでは

やった!やった!
嬉しい!嬉しい!
幸福だ!幸福だ!幸福に決まっている!

実を言うと、本当の人生でも死のうと思えばいつでも死ねるのです。なのにみなさん死のうとなさらない。人類の最後の一人が息絶えるまでこの生活を続けたいと望んでいるのです。これは、幸福だからでは?まっ、「責任」の知覚があまりに酷く、そのため思考する余裕が無くなっただけかもしれませんが、ここはあなた方の慣習に従ってポジティブに考えましょう

誰一人とて逃がさない!
死んだぐらいじゃ逃がさない!
こいつの罪はなんだ!
はやく!はやくはじめてくれ!
もうだめだ!抑えきれない!次から次へと罪が溢れてくる!
善は善であるがゆえに善以上の悪を生むというのに、こいつは善にすがったぞ!
大罪だ!大罪だ!大罪だ!
ついに望みが叶うぞ!
責任を取れるのだ!
精一杯生きられるのだ!

いつの間にか、クマの大群に囲まれている。通り抜ける隙間はなさそうだ。

さっ、理解も済んで諸々の準備も整ったことですし、審理をはじめましょう

ようこそ!ようこそ!ようこそ!

タヌキははやるクマたちを軽くたしなめ、こちらを向いてニヤリと笑った。

ようこそ、人生へ


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる