FC2ブログ

金融押しかけ騒動

「話が違うでさあ!話が全然違うでさあ!」

大集会場には溢れんばかりの群集が詰めかけており、大声で何やら不満を爆発させている。どうやら話が違ったらしい。

腰の低い指導者(あるときは評論家、いずれにせよ「先生」と呼ばれる者の類)「みなさん落ち着いてください!話が違うとは一体どういうことか説明してください!我々としても何がどう話が違っているのか、さっぱり見当がつかないのです!」

「このヤロー!しらばっくれるつもりか!」
「金を返せ!大切なオレの金を返せ!」
「元本保証と言われたから安心して投資したってのに、こんなの聞いてないぞ!」

腰の低い指導者「はあ、一体何の話をしているのか、さっぱり要領を得ませんが・・・」

「すっとぼけんじゃねー!」
「元本保証なのにお金が減るなんておかしいじゃないか!」
「ェンに換算したら損失が出たって、こりゃどういうことだ!」

腰の低い指導者「はあ、ェンで元本保証するだなんて、我々はひと言も言っていないのですが・・・」

「だまし討ちだ!金を返せ!」

腰の低い指導者「はあ、我々はきちんと説明しましたが・・・」

「そんな説明聞いてないぞ!」
「詐欺だ!ペテンだ!」

腰の低い指導者「はあ、我々は質問の機会を何度も設けましたが・・・」

「こっちはあんたらを信用したってのに!」
「汗水垂らして稼いだ金を返せ!」
「金を返せ!500万ェンの損失を弁償しろ!」

辛口で鳴らす評論家(あるときは指導者、どちらにせよ「先生」と呼ばれる者の類)「なあに、簡単な話じゃありませんか!要するにお前らがゴミクズだってことでしょ?簡単、簡単」

「ナ、ナ、ナナナナナンダトー!!」

辛口で鳴らす評論家「はっはっは、本当に救いようのない連中だ。お前ら、大金をかけるってーのに「信用してる」で済ませたのか?数千円の出費と何十時間か勉強する程度の手間さえ厭い、テレビや芸能ニュースを優先したのか?「オラもバブルの波に乗りたいでさあ」「ノーリスクで儲けたいでさあ」クズ特有の卑しいスケベ心のせいで「ェンで元本保証だなんて、そんなうまい話あるんですか?」という至極当然の疑問さえ出てこない。はっはっは、あぶく銭で頭がいっぱいだったか。こんなことでまともに機能しなくなるとは低劣極まりない知能と言わざるを得ないが、そんな人間の所にうまい話が転がり込むなんて一体どうやったら思いこめるのか。はっはっは、社会人とやらになって何十年もご立派に働いたのに基本的なことさえ学習していない、笑える笑える笑えるぞ、お前らさえいればテレビも芸能ニュースも不要じゃないか!はっはっは」

「・・・」

群集は怒りのあまり言葉を失ったらしい。

指導者であると同時に評論家でもある者(なんにせよ「先生」と呼ばれる者の類)「諸君、諸君がなぜ諸君なのか?簡単である。それは諸君がお金もモノも大切に扱わないからである。勉強の手間を嫌がるばかりかまともに質問しようとさえしない。これはお金を舐めているからこその所業である。モノに対する愛着もこだわりも持たず、ただ「安さ」を信仰して漫然と選択を重ねている。これはお金とモノをバカにしているからこその所業である。結果、知能も感性も使わないから、当然これらが磨かれることはない。磨く必要性にも気づかない。磨く手間をかけたくない。そうだろう、諸君、大変なのは嫌だな。会社から湧き出るお給料でもないと、行動を継続できないな。いいんだよ、諸君、そのままでいいんだ。簡単じゃあないか!なんせこれまでのことを何一つ変える必要などないのだから。諸君は既に誰よりも素晴らしい。諸君は既に誰よりも偉大だ。何も、なんにも、なあんにも、変える必要などないのだよ」

感極まって目を輝かせる群集一同一丸となり虚空の一点に向かい叫ぶ「と、いうことは、つまり、働けばいいんだ!う~ん、納得!なんてわかりやすいお話!」

先生方「なんてわかりやすいおはなし!」

会場「はっはっは」


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる