綺麗事シンドローム

「Aさ~ん」

「なに?」

「共感くんからききましたよ。悩み、あるんですって?」

「はあ?」

「も~、ダメじゃないですか!そういうの、顔に出ちゃいますよ!」

「はあ?」

「こんちはー」

「共感くん!」

「ああ、ちょうどいいところにきた。共感くん、私に悩みがあるって、どういうこと?」

「あれ、参ったな~。ポジティブちゃん、喋っちゃったのか~。いやね、この前Aさんがインターネットに投稿してるの見ちゃったんですよ。「見た目悪いし恋愛諦めたわ」って。も~、真剣に悩んでるなら僕に相談してくださいよ~」

「お前なに盗み見してんだ?」

「Aさ~ん、心を綺麗にすればいいんですよ!私の友達にもそれでモテまくってる人いますから!」

「心を綺麗にするってなに?というかお前は何の話してんの?」

「何事も前向き前向き!ですよ~」

「はあ?」

「心を綺麗にすればいい人みつかりますよ~」

「いい人みつけたいなんて一言も言ってねーよ」

「心を綺麗にすればモテますよ~」

「だからモテたいなんて一言も言ってねーよ。てか暗にダメなのはお前の心が汚いからって言ってない?」

「も~!そうやってひねくれてるからいい人に出会うチャンスが逃げちゃうんですよ!」

「だから・・・」

「待ってポジティブちゃん。Aさんはね、傷ついてるんだ」

「それどっから出てきた?」

「傷ついてるから攻撃的になってるんだよ」

「なんにせよ原因は「Aの心」にあるわけ?」

「Aさん、僕はAさんを受け入れる。大丈夫、心の傷はちょっとずつ良くなるから」

「傷ついてるなんて一言も言ってねーよ」

「も~!じゃあなんで話したんですか!?」

「話したのはこいつだ!盗み見したこいつだ!」

「わかります。Aさんは慰めてほしかったんですね」

「勝手に「意図」を読み込むな」

「じゃあなんで書き込んだんですか!?」

「私が求めたのは同じような人間の共感なり助言なりであって、お前らの綺麗事じゃないんだよ。勝手に一見前向きな、問題解決まがいの話にしやがって、それもクソの役にも立ちゃしない」

「ちょっと!本気で心配してるのになんてこと言うんですか!心が汚いですよ!」

「訳のわかんねーことを次々と「事実」にされたら誰だってムカつくよなぁ!?」

「まあまあAさん、全か無かはやめましょうよ。ね?人間はね、考え方を変えられるんです。だからきっと理解し合える部分も出てきますよ」

「誤魔化すなよ。お前ら、自分の考え方を変える気なんざサラサラ無いだろうが。そういう奴の「理解し合える部分も出てくる」ってのはな、「こっちに合わせろ」って意味なんだよ」

「共感くんはそんなこと言ってないじゃないですか!どうしてそんなひねくれた考え方しかできないんですか!?」

「いいか、今のお前の発言の後半部分はな、「自分の考え方は真っ直ぐで善い」って確信があるから成立すんだよ。善いものなんだから、変える必要、無いだろ?つまりそういうことだよ」

「も~!心が汚いから悪いように受け取るんですよ!」

「人の心のせいにすんな」

「Aさん、人間は自分の考え方を変えられるんです。大丈夫、Aさんもきっと変われますよ」

「だから人の心のせいにすんな。というか、やっぱ変わるのは私の方なんだな」

「自分を変える可能性を信じられないなんて・・・私、悲しい」

「可能性を信じられないなんて言ってねーよ。私はお前らの謳う綺麗事を信じてないの。わかる?「自分の考え方を変える」を信じてないんじゃなくて、「ポジティブちゃんと共感くんの発した「自分の考え方を変える」」を信じてないの。「聞こえの良い言葉に引きこもってる連中の「自分の考え方を変える」」を信じてないの」

「うっ・・・うっ・・・なんて凶暴な人なんだ」

「だからさり気なく人のせいにすんじゃねーよ。「真剣な悩み」にトンチンカンな応答され続けたら、誰だってムカつくよなぁ?」

「うっ・・・うっ・・・Aさん、ごめんなさい、気付いてあげられなくて」

「はあ?」

「Aさんは寂しかったんだね。それでこんな凶暴になって・・・」

「だから人のせいに・・・」

「Aさ~ん!それならもっと早く言ってくれればよかったのに!うん!人間はね、お互い支え合って生きていくものなんですよ!」

「Aさん、もう大丈夫、心の傷はちょっとずつ良くなるから」

「・・・・・・」

一同「はっはっは」


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる