FC2ブログ

訪問布教者

「突然お伺いして申し訳ありません。私たち、定期的に神様の御言葉を学ぶ勉強会を開いているのですが、こうしたことに興味はございませんか?」

「神様の言葉?」

「ええ、すぐそこでやっているので、どうですか?ちょっと見るだけでも」

「神様って言葉を発するの?」

「神様は私たちが正しく善く生きていけるようにと、教えを言葉にして与えてくださったのです」

「ということは、神様って人なんですか?」

「ええと、まあ、勉強会にきていただければ、そうした疑問もきっと解消しますよ」

「少し前にね、散歩にでかけたんですよ。そんでボケっと歩いてるとね、いつの間にか足元にトカゲがちょろちょろしてて、私が気づいて立ち止まると、トカゲも一緒に立ち止まったんです」

「はあ」

「しゃがんでしばらく一緒に過ごしてるとね、ああそういうことかと、ちょっとした悩みが解決してしまった。すると、感謝の念がどんどん溢れ出てきて、なんと有り難いことかと、私は涙を流していたのです」

「はあ、それが何か?」

「このトカゲは神様ではないのですか?」

「え?ああ、うん、それはどうでしょう?うん、神の使いとか、そういうことならあり得るかもしれません」

「神様が使わせたんですか?」

「そういうことになりますね」

「やっぱり神様って人なんですか?」

「いや、うん、どうなんでしょう?」

「ここ、大事な所じゃないですか。「神」をどう感じているか、ここですよ。あなた、無意識のうちに人のようなものと感じてるでしょ。だから、トカゲをただの使い走りにしてしまう」

「じゃあどう感じればトカゲは満足するのですか?」

「トカゲも神様なんですよ」

「あの、「も」というのは?」

「神様はそこら中にいるんです」

「あなた、神様を冒涜するつもりですか!」

「「神」を確たる存在者のように感じてはいけないのです。神は無限であると同時に無でもあり、無であると同時に無限でもある。神とは「世界そのもの」であり、先日の私は縁あってご一緒したトカゲのおかげで「神」を感じることができたのです」

「「トカゲのおかげ」ということは、トカゲは神様じゃないんだから、別に使い走りと考えても構わないじゃないですか」

「いけません。トカゲは神様じゃないと同時に神様でもあるんです」

「ふざけないでくださいよ!無限であり無であるとか、神様じゃなく神様だとか、一体どっちなんですか!」

「出発点を間違えているから、そうした「決定」への強迫観念が生じるのです」

「はあ?あのー、そうすると一体私たちは何を信じればよろしいのでしょうか?「自然」ですか?」

「わざわざ「対象」を拵える必要はないのです」

「それじゃ信じようがないじゃありませんか」

「そもそも「信じる」必要なんてないのです」

「へ?」

「たとえばある動物を「信じる」対象にしてしまったら、他の動物はどうなりますか?」

「そうは言いましてもね・・・・・・」

「あなたの言う「信じる」はですね、何かを「対象」として措定し、他と区別し、特別扱いするってこと、つまり「選別」するってことですよ。「信じる」に「他を排する」思想が含まれてしまっているのです」

「私たちは寛容と友愛の精神を実践し、神のもとの平等と平和を志向しています」

「ですから、わざわざそんなことする必要ないんですよ。暴力の芽を内包する「信じる」に執着するからこそ、そうした「教え」を用意せねばならなくなる」

「しかし、何かを信じ、何かに縋らないと生きていけない、そんな苦境にある人々に信仰という拠り所を与えるのは、善いことではないでしょうか?」

「弱者の拠り所としてにせよ、強者による支配・統治の道具としてにせよ、何か「対象」を拵え、「信じる」を導入してしまったら、迫害と抑圧の連鎖から抜け出せなくなるのです。倒錯は倒錯を生む。争いと暴力は激しさを増し、支配はより巧妙になり、排他と迫害は陰険さを極め、抑圧は心の奥深くにまで及ぶ」

「では一体どうすればよろしいのですか?何かを信じないと、人は生きていけないじゃありませんか!」

「いいですか、私たちは神様に包まれている。わざわざ「信じる」必要はないのです。そう感じるからそう感じ、祈らずにはいられないから祈る。ただ「必然」なんですよ。これは運命・宿命とは違う。あるのはその瞬間への洞察だけであり、諦念でも甘受でも期待でも熱狂でもない」

「あなたさっき悩みが解決したとか言ってませんでした?」

「しかし自分から求めたのではないのです。何かを求めるのでもなく、何か目的を持つのでもなく。それはきっかけにすぎない。「世界そのもの」を感じられる必然的瞬間に巡り合えたら、有り難く頂戴する。きっかけをくれた相手に感謝する。ただそれだけのことなのです」

「もういいです・・・・・・よくわかりました・・・・・・帰ります」

「迫害と抑圧の連鎖は私たちを絡めとる巨大なシステムと化し、システムはシステムを支え奉仕する精神を持つことを人々に強いる。システムは肥大し、精神は一段と歪み・・・・・・。私たちのすぐそばにいる神様を感じることさえできなくなってしまったのは、本当に嘆かわしいことであります」


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる