FC2ブログ

よく罪悪感を抱かずにいられるね

「君、働いてないんだってね」

「ええ」

「よく罪悪感を抱かずにいられるね」

「君、働いているんだってね」

「ええ?」

「よく罪悪感を抱かずにいられるね」

「なんだと?」

「賃金労働に従事するばかりか、働いてない人に「よく罪悪感を抱かずにいられるね」なんて、よく罪悪感を抱かずにいられるね」

「そういうことばかり言うおかしな奴だから、どこも雇ってくれないんだろうな」

「雇ってもらえないとどうなるの?」

「そんなこともわからないの?生活できないでしょ?将来困るでしょ?」

「なんで生活できないの?なんで将来困ることになるの?」

「それが現実だからだよ。働いて稼いで自立して生きる、当たり前のことだろう。まったく、現実みろよな」

「生産する技術はどんどん進歩してるっていうのに、次から次へとシゴト創って、結託して技術の開発・導入を邪魔して、まったく、現実みろよな」

「はぁ~、働いてないだけあって、感謝の気持ちがなさすぎるね。みんなが一生懸命働いてるから、今日も経済が回ってるんだよ?」

「みんなが働かなくなったら、経済が回らない」

「だろう?」

「けどみんなが働かずに経済が回るのなら、そっちの方が良い」

「だから何言ってんの?それじゃカネが手に入らないじゃない?カネがなければ誰も何も買えないじゃない?そしたら経済回らないじゃない?」

「人間抜きで生産可能なら、カネを配ればいいだけの話」

「あのねぇ、そんなことダメに決まってるじゃない」

「どうして?」

「どうして?って聞く方がどうかしてるよ」

「創出された雇用のイスを確保する競争をして、シゴトに人生を費やして、その代わりにカネを貰う、この流れが人間にとってそんなに大事?」

「働いてない人間にはわからないんだろうね」

「生産技術・知識・資源・インフラ・・・・・・これらが富を生み出す過程に無理やり寄生してカネを貰う、この流れが人間にとってそんなに大事?」

「寄生ってのはどういうこと?働いてくれてる人がいないと、経済回らないって言ったよね?」

「生産面で経済を回すのに必要な人って、実際どのくらいなんでしょう?生産過程における現役労働者の貢献分って、実際どのくらいなんでしょう?」

「だからさぁ、働く、社会に貢献する、その対価として賃金をいただく、こういう当たり前のことがどうしてわからないのかなぁ」

「働いてる人は社会に貢献したくて働いてるの?」

「当たり前だよ」

「自分よりうまくできる人がいたら、喜んで雇用のイスを明け渡すの?」

「いやね、その人にだって生活ってものがあるんだから」

「人間であれば必ず限界が訪れる。よって機械に代わってもらえるよう努め、それが実現可能になったら喜んでそうする・・・・・・の?」

「いやだから、労働者は労働者であると同時に消費者でもあるわけ。まったく、働いてない奴は社会の仕組みを何もわかってないんだなぁ」

「社会に貢献したくて働いてたんじゃないの?」

「生活が成り立たなかったら社会貢献なんてできないだろうが!」

「富は過去からの積み重ねと自然から得た資源で生み出される。その富の分配に際し、一体誰にどんな貢献をする必要があるの?向き不向きや景気の変動で雇われなかった人間をそこから排除するのはなぜ?罪悪感を抱かねばならないのはなぜ?たまたま「良いシゴト」を確保できたことでもって、創出されたシゴトをしたことでもって、「頑張った」ことでもって、独り占めと排除を正当化しようとするのはなぜ?わざわざ奪い合うのはなぜ?」

「そうやって子供みたいなこと言ってる暇があったら、少しでも働いて経験を積む方が良いと思うけどね。そのままじゃ生きていけないぜ」

「このままでも生きていけるようにすれば良い」

「あのね、そんなことしたらみんな頑張らなくなっちゃうんだよ?生活が懸かっている今でさえ、君のように大切なことを何も考えない奴が出てくるんだから」

「何も考えなくて済むならそれが一番」

「君にはわからないかもしれないけど、人間には心があるんだよ。現代社会ではね、職業がその人のアイデンティティになるんだ。仕事を通じて周囲に認められ、承認された実感を持てるんだ。わかる?ちょっと難しいかな。義務を果たさないことに対して悪いとか申し訳ないとか、ないんだもんね?あのね、仕事がないと、みんな生きていけないんだよ」

「そうなるのは私に向かって「よく罪悪感を抱かずにいられるね」と平然と言う君たちのせい。君たちが剥奪するせい」

「わかったわかった。まじめに正しく生きるつもりがないなら、好きにすれば?君みたいな人間には、何言っても無駄。誰も強制なんてしないから、ね?ただ君は将来困ることになる、これが現実ってだけでさ」

「まじめに正しく生きる人間が、まじめに正しく生きることが反社会的にしかならない仕組みを自明視し、まじめに正しく反社会的活動に人生を費やし、まじめに正しく生きるよう互いに圧力をかけあい、日々悪化し続ける大病をあえて無視し、アイデンティティだの承認だのといった詐病・仮病の問題化に耽り、今日もまたまじめに正しく義務を果たす。壊せ、殺せ、食い尽くせ、まじめに正しく、まじめに正しく・・・・・・まじめに正しく従っているだけだから、君はなぁにも悪くないのぉ。まじめに正しく生きているだけだから、君はなぁにも悪くないのぉ」

「働いてないくせに働いている人をバカにして、よく罪悪感を抱かずにいられるね」

「働いているくせに働いてない人をバカにして、よく罪悪感を抱かずにいられるね」


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる