FC2ブログ

認知の歪み

「あの~、メンタルヘルスチェックで「問題あり」とされまして、こちらの病院で面接を受けるよう指示されたのですが」

「ああ、それならこちらになります」

「ありがとうございます、失礼します」

「こんにちは」

「はい、よろしくお願いします」

「本日は面接ということで」

「ええ」

「はい、はい、ふむふむ、あ~、なるほど~」

「あの~、先生、私は一体どこが悪いのでしょうか?」

「人生についてどう思われますか?」

「え?」

「人生は素晴らしいですか?」

「はあ、そりゃもちろん、人生は素晴らしいです、生きる価値があります、生まれてきてよかったです」

「なるほど、完全に認知の歪みですな」

「はあ?」

「人生は素晴らしいって、あなた本気で思っているのですか?」

「いや、ふざけないでくださいよ。そりゃそうでしょう?え、なんか間違ってますか?」

「重症ですな。しかしご安心ください、ちゃんと治療すれば・・・」

「ちょっと待ってくださいよ!これは、この考え方は、完全に正常じゃないか!」

「本当にそうでしょうか?小さい頃は労働者になるための訓練、大きくなったら生活のための労働。恋愛経験や結婚や子供の有無で勝手に人間性まで判断され、生活水準の比べ合いを押し付けられ、グルグルグルグル巻き込まれて知らず知らず順応し、訳も分からないまま必死でそんな生き方にしがみつく。苦痛や重圧から酒を飲み、テレビやスマホで時間と空間を情報で埋め尽くし、頭をパンクさせて一時的にでもこの現実から逃げようとする。そんな人生が、本当に素晴らしいでしょうか?」

「なんなんだよ、おかしいよ、そんなの。だってそれが人生じゃないか!」

「ほら、「それが人生」だなんて、わざわざそうした概念操作をしないとやっていけない、それが人生でしょう?」

「しかしいいことだってたくさんありますよ」

「そりゃそうでしょ」

「ほらね、確かに人生には苦しいこともたくさんあるのでしょうが、結局はいいことと半々くらいですよ。だから後は当人の心がけ次第ってことです」

「いいことは「いいこと」として経験している間はいいことなんでしょうね」

「え?え?」

「いいことはあなたの中に欲求を残す、不満を残す、必要を残す。いいことはあなたの中のハードルを上げる、あなたの中に心配や不安をもたらす。つまり、いいことは苦しみの原因でしかない、いいことは全然いいことじゃない。いいことなんて無いのに、あなたは「半々」と・・・・・・いや、正直に言ってください、あなたは「半々」と言いましたが、実際は「半々」どころかむしろいいことの方が多いと思っているんじゃありませんか?ほら、ね。まさに重度の認知の歪み・・・」

「ふっざけんじゃねぇ!あんた、死ねって言ってるのか?おい、死ねってことかよ!」

「極端な思考、全か無かの思考・・・」

「はいはいわかりました死にますよ。死ねばいいんでしょ、はいはい・・・・・・だってこれじゃ生きていけないじゃないか!死ぬしかないじゃないか!」

「なぜですか?」

「はあ?あんたが死ねって言ったんだろうが!おい、じゃあなんでだよ、なんで生きてんだよ!」

「決めつけ、過剰な意味付け・・・」

「大体、人の勝手じゃありませんか、人生は素晴らしいって、それで誰か困りましたか?あなたに迷惑かけましたか?全っ然困ってない!全っ然迷惑かけてない!なのにあなたは・・・」

「あなたのような考えが蔓延する今の世の中はどうなってますか?」

「屁理屈だね。個人一人がどう考えようが、世の中には何の影響もありませんよ。というか、そんなこと考えようとする時点で、自意識過剰な誇大妄想に取り憑かれていると言わざるを得ない。それこそ「認知の歪み」ではありませんか?」

「そうですね。ところで、子供はほしいですか?」

「え、ああ、まあ、ほしいですよ、そりゃ」

「こんな世界に?」

「なんなんだよほんと!みんながあんたみたいに考えるようになったらね、社会が崩壊しちまうだろうが!」

「こちらは「みんな」「社会が崩壊する」ですか。現実は連続的なのに、すぐそうやって「悲惨な終局」にジャンプしてしまう」

「実際そうなるだろ!」

「こちらは単なる想像ですが、あなたのような考えが蔓延してみんなで苦しみ、我慢させ合っているのは現実でしょう。認知の歪みがあなたに妄想を優先させ、今・ここの現実を蔑ろにさせてしまうのです」

「あなたの人生観こそが「認知の歪み」ですよ。そもそも苦しんで、我慢して、乗り越えていくのが人生であり社会なのでは?」

「「苦しんで、我慢して」ここはその通りですが、「乗り越えていく」ことは志向してないでしょ。結果的にそう見えることはたまにありますが、実際は「乗り越えていく」ことを嫌がったり邪魔したりする方が多いではありませんか。そして、そんな社会を維持するために、あなた方は子供をつくるらしい、「人生は素晴らしい」なんて空虚な言葉で誤魔化して」

「・・・・・・」

「幸せになりたいですか?」

「はい、幸せになりたいです」

「幸せになりたいって、正気ですか?「幸せ」に「なる」だなんて・・・」

「てめええええええええええええ!!!」

・・・・・・

「こんにちは」

「はい、よろしくお願いします」

「本日は面接ということで」

「ええ」

「はい、はい、ふむふむ、あ~、なるほど~」

「あの~、先生、私は一体どこが悪いのでしょうか?」

「人生についてどう思われますか?」

「え?」

「人生は素晴らしいですか?」

「はあ、そりゃもちろん、人生は苦しいだけです、ヒヒヒ、いいことなんて何一つ無い!生きる価値なんて何一つ無い!死にたい死にたい死にたい生まれてこない方がよかったクソクソクソ!本気で自殺を考えています」

「なるほど、完全に認知の歪みですな。しかしご安心ください、ちゃんと治療すればよくなりますから」


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる