FC2ブログ

極彩色の世界にうまれおちた赤ちゃん

はじめての世界はシャボン玉でした、ふわふわ浮いていて、きらきら輝いていて
パチンと弾けたら、極彩色の水玉が飛び散った
フフフ、周りの景色なんてちっとも覚えてない
無機質な灰色の壁だったかもしれない
真っ黒な夜の闇だったかもしれないし、真っ白な白昼の光だったかもしれないし
ぐちゃぐちゃに潰れた肉の色だったかもしれないね

世界はおもちゃ箱をひっくり返したようにはちゃめちゃで、ぐにゃぐにゃで
時間も重力もなくて、全てがゆっくりと流れていた
手を伸ばせばぬいぐるみがやさしく握ってくれた
飛び跳ねればお人形さんが一緒に踊ってくれた
にこりと笑えばみんな一緒に笑ってくれた
シャボン玉もぬいぐるみもお人形さんもみんな一つでした

そんな原風景としての思い出
とっても悲しい時に思い出して声を殺し泣くための思い出
とっても嬉しい時に思い出して声を上げ泣くための思い出
いつでも縋ることのできる、温かいゆりかごのような思い出
大切に、壊さずに、持ち続けたいのに
どんどん穴があいて漏れてしまう、ボロボロになって汚れてしまう、夢・・・・・・

ずっと何かを探していた
けど望んでいたモノは何だっけ
何が欲しかったの
どこに向かっていたの
何をしようとしていたの
なんでうまれおちてしまったの

シャボン玉のように大きくて澄んだ瞳がほしい
ビー玉のようにつるつるした白い肌がほしい
ぬいぐるみのようにやさしく包み込んでくれる髪がほしい
子守唄のように甘く心地よく響く声がほしい
積み木細工のように精巧な左右対称の顔がほしい
お人形さんのように完璧な型の四肢がほしい

「なんで?」

そうなれたらきっと苦しくないのにと思いたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

どんな問題もたちどころに解決してくれるアタマがほしい
それでいてたとえばどこかちょっと抜けているとか
「そのギャップがまたいいね」と他人を魅了してしまうような
欠陥とはいえない欠陥がほしい
その欠陥とはいえない欠陥を根拠に「誰にだって欠陥があるんだから、元気だして」
なんてサラリと励ませるような屈託のなさがほしい

「なんで?」

そうだったらきっと苦しくないのにと思いたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

誰もが理想とする憧れの生活がほしい
最後は安定した人並みの生活がほしい
無条件に支えてくれる相手がほしい
無条件に愛してくれる相手がほしい
無条件に支えてあげられる愛してあげられる相手がほしい
しあわせがほしい

「なんで?」

そうなったらきっと苦しくないのにと思いたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

悲しい時に苦しみを癒す笑いがほしい
笑っている時に苦しみを流す悲しみがほしい
だからずっとクルクル回っていた
お人形さんのように完璧な型の四肢で器用にバランスをとりながら
どんな問題もたちどころに解決してくれるアタマが生み出す意志の力で
ずっとクルクル回っていた

「なんで?」

本当はクルクル回ることしかできないから、クルクル回っていただけなのだが
それをそうと知ってしまったら、と考えるととても怖いから
意志の力でクルクル回っていた、ということにしたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

どこでもいいから、クライ、クライ、クライ
なんでもいいから、クライ、クライ、クライ
どこもかしこも、クライ、クライ、クライ
命が望まれるとか、望まれないとか、そんなことどうだっていいの
大切なのは、その命が持ち主の望むような命かどうか
じゃない?

「なんで?」

それしかできないから

「なんで?」

許されていないから

「なんで?」

許してほしいから

「なんで?」

苦しいのは許されていないから、と思いたいから、許してほしいと願うから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから

「なんで?」

お前らが大嫌いだ

理由をでっち上げて苦しみをナシにする卑しい根性のお前らが大嫌いだ
犯した罪を認識しようとしない、あるいはできない、できないことを認識できない
そのせいで誰かが苦しんでもヘラヘラ何の罪悪感もなく生きているお前らが大嫌いだ
人を人たらしめている能力を捨てたくせに人間ヅラしている恥知らずなお前らが大嫌いだ
過ちを過ちで塗り潰すことを、罪を罪ですり替えることを
「人間らしさ」などと表現して憚らない人間モドキのお前らが大嫌いだ

「なんで?」

なんで?

「なんで?」

なんでこんなことしたの?

「なんで?」

なんで「これ」が苦しみにあたいすると思ったの?

「なんで?」

なんで散々逃げ回った挙句「これ」を選んだの?

シャボン玉が弾けて、極彩色の水玉が飛び散って視界染める

埃をかぶった雛人形が着ている真っ赤な着物のような世界だった

ドロドロに飲み込まれて、せっかくつくったからだ動かなくなる

不細工な木人形が意志もなくギシギシ震えているような世界だった

苦しみを精一杯解こうとしたアタマが溶けて、原風景溶けて混ざる

雨に濡れた泥人形が何もできないまま崩れていくような世界だった

「なんで?」

楽になりたかったから

「なんで?」

苦しかったから

「なんで?」

うまれおちてしまったから


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

遊民

Author:遊民
読みたい本が山積みなのでニートしてます。

twitter
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる